トップページ > voice027

voice027

マイホームを建てようと思ったきっかけについて

ご主人:きっかけは家がなかったから!ずっと転勤族だったからどこに建てようかが難しかったし、建てたのに住めないことにもなりかねなかったので…。釧路で定年を迎えましたが、過去に帯広に5年住んでいたこともあって、帯広で建てることに決めました。中古住宅の取得も考えたけど、結局費用もかかりそうだし、それだったら新築の方がいいなあと思って。

阿部:中古住宅は難しいよね。どこまで直すか、何年住むかによってどうリフォームするかも違うし。

ご主人:貯蓄と退職金での新築計画でしたし、今までローンも組んだことなかったからそこは阿部さんに相談に乗ってもらいましたね。おかげで無理のない資金計画で建てることができました!

建築を依頼された決め手は?

ご主人:一番大きいのは外壁かな!30年の保証がついていて、リフォームしなくていいのはインパクトがありました。それから床下!物を捨てるのって難しいけど、床下空間があれば、それほど広い家でなくても物をしまっておけますよね。例えば季節もので、冬にしか使わないスコップだとか、逆に冬には使わないゴルフバッグだとか、いろいろ活用しています!

奥様:何にもありません!(笑)私は住めればなんでも良かったんです。阿部さんのことを信じて全部お任せしようって思いました。何度も釧路に打ち合わせにも来て打ち合わせしてくれたので、なんの不満もありませんでした。

ご主人:退職後は会社から家賃の補助がなくなるから、それに合わせて早く建てたくて…。

奥様:西帯広の土地もイメージ的にも反対だったんだけど、今はすごくよかったと思っています。近所にお店も多いし、病院も近いし、ご近所の方もみんないい人たちばかりで!あと工事の前に土を寄せてくれたので、夏はご近所の方と一緒に野菜を作って食べています。

工事中の対応はどうでしたか?

ご主人:阿部さんがこまめに写真を送ってくれたので、あまり現場には行っていなかったですね。

奥様:現場に行くと、大工さんたちはみんな親切に対応してくれて。その時につけてくれた棚は重宝しています!

住宅づくりをする上でこだわったところは?

奥様:私は居間から入らないで行ける部屋をつくったところですね! 玄関ホールから直接入れる私一人だけの部屋がほしくて(笑)そこからすぐに水回りにも行ける扉をつけてもらえたので動線も便利です!

ご主人:建物と一体型の物置です。本当はもっと広くしたかったけど…(笑)札内のモデルハウスで物置付きの住宅を見つけて、つけたかったんです。

奥様:お金はかかったけど、実際あると便利ですね!雪が降っていてもお漬物を取りに行ったりできますし!

ご主人:あと私の希望でコンセントの位置を少し高めにしてもらいました。抜き差しをするときにかがまなくていいから楽なのと、物の後ろに隠れにくくていいかなと思って。

奥様:腰を痛めなくていいよね!絶対便利ですよ! あと窓を開けっぱなしで外出できるようにストッパーをつけてもらいました!夏場はとても便利です。

もう少しこうすれば良かったと思っているところは?

ご主人:物置をもっと大きくしたかったなぁ。あとは法律的な問題もあるから難しいんですけど、床下の空間をもう少し高くできれば良かったかな。

奥様:ない!とってもいい!わからないことがあればすぐに阿部さんが教えてくれますし。阿部さんが生きているうちは大丈夫です(笑)壁のリフォームも生きている間は心配がいらないのはうれしいですね!

これからお家を建てる方へアドバイス

奥様:コンセントの位置を高くするのはおすすめです!便利ですよ!

ご主人:建てる前にある程度いろいろ見ておくのは大事です。借家住まいだったときでも誰かの家に行ったときに「ここはこうしたら便利かなぁ」とか考えておくだけでも家づくりに役立ちますよ。転勤でいろいろな住宅に住んでいたからこそ、「こうしたい」と思うことが多かったように思えます。

奥様:対面キッチンにしなかったのは、調理中の音がリビングに漏れてテレビの音が聞こえなくて喧嘩になっている夫婦を知っていたので…(笑) 食品庫は大事!他に寒いところがないんだもん!ないと芋の芽が伸びます(笑) 

 ご主人:ホーム創建に決めた一番の決定打をお話ししていませんでしたね。一番は阿部さんです!どのような仕事であれ、ユーザーから信頼してもらうのが一番だと思うんです。阿部さんは信頼できる人だと私も家内も感じたから、すべてお任せすることができました。