2021.11.20
仕事

フィールドスタディ

社長

18日に出張講義型プログラムを白川係長と共に経験させていただきました。

ある高校からご依頼をいただき1年生を対象に「取り組んでいる社会課題」「仕事と学びのつながり」を中心に

80分プログラム×2セット企業プレゼンと質疑応答。

十勝管内の企業様10社が参加され、1社30名前後の生徒さんをお預かりしてお話をさせていただきました。

私たちも学生さんを前に緊張したスタートでしたが、参加された学生さんが、きちんと目を見てくれて

しっかりメモをとり、素直な姿勢で受け入れてくれたのでとても話がしやすい環境を提供していただきました。

私たちの話が上手、下手は関係なく、物事の本質を伝える難しさを体験。

実は、この高校には私の息子も通学しており、参加された生徒さんは事前に私のことは認知していたようで

プレゼン後に何人か挨拶に来てくれたことも嬉しいかったです。

将来、15年後ホーム創建で家を建ててね!と伝えておきました。(笑)

学生さんには、挨拶・返事・後始末・履物を揃えることを習慣化することは、皆さんが社会に出るための

「所作」「型」になるので部活動、学校生活を通して習慣化できるように頑張ろうとお伝えしました。

私たち大人もそうですが、どうしても自分のやりやすいように変えてしまいます。

それを我流という。

我の強い人はいくら学んでも変えられない。だから自分のシャッターを降ろして一匹オオカミになってしまう。

このように未来ある学生さんとのかかわりを通して、普段感じることができない学びをさせていただきました。

ありがとうございました。

これからも微力ながら十勝エリアの地域貢献につながる活動は積極的にホーム創建は邁進していきます。

行動こそ真実ですね。