2020.06.11
仕事

ZEH工事現場報告⑪

社長

今日は、新しい材料を使う現場があり視察してきました。材料名は、LIXIL(リクシル)の「ヒートコアパネル」と言います。

ウレタン系断熱材を下地パネルと一体化したものですが、何と断熱性能が弊社の標準仕様品の2倍あります。

さらに、耐震性能の壁倍率は2.5倍から4.3倍まで対応できる優れものです。




施工も早く、大工4人で午前中に壁下地と壁断熱工事が終わる省施工商品です。

そして、メーカーによる壁面内部の無結露保証が35年間ということです。

この現場もZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)となります。


ホーム創建は品質とともに性能にもこだわります。そして、コストを可能な限り抑えてコストパフォーマンスが高い家づくりを社是にしています。

さて、いつものように連続掲載中のZEH現場報告に入ります。

壁の断熱、斜天井の断熱施工が終わり、外装も防水シートと通気胴縁の施工まで終えています。次は、内部造作として壁や天井の石膏ボード貼りになります。そして、外装は仕上げのサイディング施工に入っていきます。



外壁もできてきました。



今回の外観のこだわりは、板金などの大きさを目立ないよう、かなりシャープさを意識しています。

また、本来ならば、ホーム創建おすすめの真っ白な樹脂の縦張り樹脂サイディングで行きたいところですが予算の関係で窯業サイディングにしています。

しかし、これはこれでかなりデザインが格好いいですね。

また、外構も設計していて、建物と一体的な環境になります。建物の中と外とのつながりも楽しめて。空間がより素敵に感じられるようにしています。

完成が楽しみですね。