2020.05.21
仕事

ZEHモデル工事現場報告③

社長

この写真は、ゴールデンウィーク明けから始まった5月11日の写真です。

その日は、前日の雨が上がり、とても良い天気の中、建て込みが始まりました。

6人の大工が入り、午前中に二階の床まで終わらせています。

午後からは二階の柱と小屋梁を組み立てて、屋根のタルキを並べるところまでが目標のようです。

この現場は、在来木造工法ですが、今から30年ほど前に開発に携わった建築構法です。

新住協のPFP工法という名称で、当時室蘭工業大学の鎌田教授の指導でプロジェクトチームが作られ、先生の研究や実験から試行錯誤の上に進化を繰り返してきました。

施工が早く、強くて、きれいです。ツーバイ工法と在来工法の良いところ取りという感じです。

家を建てている人は、ぜひともこのように建てているところを見てくださいね。会社を休んでも見る価値がありますよ。(笑)