トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.291【肘掛けのあるイス】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.291【肘掛けのあるイス】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

イスには肘付きと肘無しタイプがあり、購入する際にどちらのタイプを採用すべきか悩む事があると思われます。

今回は、肘掛け付きのイスについてご紹介します。

目次

肘掛けありのイスのメリット

肘掛けありのイスのデメリット

最後に

肘掛けありのイスのメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、肘掛けが邪魔だと感じますか?

イスに肘掛けがついていると以下のようなメリットがあります。

・体の負担軽減

・行動のサポート

姿勢崩れを防ぐ

肘掛けを支えにして立ち上がれたり、座る際もゆっくり腰を下ろせることができ安全であると言えます。

実際に肘掛けを使用するシーンは少ないと思いますが、行動の一つ一つに役立っています。

例えば、肘掛けの位置が最適な位置だと、姿勢も良くなり、肩や首、腰への負担が軽減されます。

肘掛けありのイスのデメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、肘掛けのあるイスを使用していますか?

肘掛けがいらないと感じる方は以下の理由から感じているのではないでしょうか?

・邪魔になる

・重くなる

・テーブルに適さない場合もある

窮屈に感じる

ダイニングチェアなどでよくあることですが、テーブルと肘掛けの高さが合わずに奥まで入れられないことやイスから離れる際には、イスを一度引かなくてはならないことがデメリットになります。

また、肘掛けがあるため、座面の横幅が制限され、窮屈に感じることがあります。

これらのデメリットは、テーブルとの組み合わせや座ってみて確認をすれば回避できるデメリットですので、しっかりと座って確認してみることが大事になります。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが座る時間の長さや座る人によっても肘掛けの用途が異なります。

座る人によって肘掛けの有無を選ぶと、生活に合った最適なイスを選ぶことができます。

ネットで選ぶだけでなく、できるだけ座って確認できるものを買うなどして、自分に合っているかの確認を忘れないようにしましょう。