トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.278【カーテンで夏を乗り切る】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.278【カーテンで夏を乗り切る】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

最近は、猛暑が続いていますが、暑さに悩まされず快適に過ごしたいものです。 

窓からお部屋に熱が入り、窓辺で熱を遮ることで、より快適にお部屋の中で過ごすことができます。

今回は、遮熱カーテンについてご紹介します。

目次

遮熱カーテンについて

生活スタイル別の遮熱カーテンの選び方

最後に

遮熱カーテンについて

遮熱カーテンは屋外からの熱気や冷気を窓辺でカットします。

そのため、お部屋の温度上昇、温度低下を抑えてくれます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、夏場にエアコンをつけても涼しくならないと悩まれている方は、遮熱カーテンを使用することで、冷房で冷えた空気が窓外からの熱で温まることを防いでくれます。

遮熱カーテンには様々な種類があり、裏地付きカーテン(2重カーテン)や完全遮光カーテンなどが代表的と言えるでしょう。

◆裏地付きカーテン(2重カーテン)

表地と裏地の2重構造のため、生地と生地の間に空気の層ができます。

できた空気の層は、断熱材の役割を担ってくれて、熱を遮断することができます。

◆完全遮光カーテン

光を遮る完全遮光カーテンは、光だけではなく、太陽熱も遮断してくれます。

生活スタイル別の遮熱カーテンの選び方

お部屋の中でよく過ごす方や日中ほとんどお部屋にいない方など、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまもそれぞれの生活スタイルがあると思います。

生活スタイルによって、おすすめの遮熱カーテンも異なります。

◆日中お部屋で過ごす方

日中お部屋で過ごす方は、遮熱率の高いレースカーテンがおすすめです。

遮熱をしながらもお部屋の明るさをとれることや外から室内が見えにくいため外からの線を気にせずにいられます。

一方、完全遮光カーテンは遮熱率が高いものの、お部屋が暗くなってしまうため、遮熱レースカーテンを選ぶことをおすすめします。

◆日中お部屋に居ない方

仕事で日中に家を空けることが多い方は、遮熱カーテンなんていらないと思うかもしれませんが、帰宅時に熱がこもっている部屋は中々涼しくなりません。

すぐにお部屋を涼しくしたいと考えて、エアコンの設定温度を下げてしまいすぎると、電気代も多くかかってしまいます。

そのため、日中お部屋に居ない方は完全遮光カーテンがおすすめです。

遮熱率が高く、熱がお部屋に入るのを防いでくれるので、お部屋の温度上昇を避けることができます。

光を遮るためお部屋は暗くなりますが、日中、お部屋に居なければ気にせず使用することができます。

熱がこもっていないお部屋であれば、帰宅時でも冷房が効き、ゆっくり休めます。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、遮熱カーテンを使用していますでしょうか?

夏場だけではなく、寒い冬にも遮熱カーテンは活躍します。

ぜひ、遮熱カーテンで暑い夏を乗り切りましょう。