トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.271【快適な室内干しスペースをつくる】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.271【快適な室内干しスペースをつくる】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

天候や時間を気にせずに、洗濯物が干せるスペースは人気でとても実用的。

今回は、快適な室内干しスペースについてご紹介します。

目次

洗濯物が乾く条件

快適な室内干しスペースをつくるためのポイント

最後に

洗濯物が乾く条件

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、洗濯物がよく乾く条件はご存じでしょうか?

洗濯物は、衣類の水分が空気中へ移動することで乾きます。

そのため、よく乾かすには以下の条件が重要と言えます。

◆温度の高さ

20度以上の暖かさがあると、良く乾きます。

冬場をイメージするとわかりますが、気温が低いと乾きにくいです。

◆湿度の低さ

乾燥は空気中の水分が少ないことを指します。

湿度が低いと衣類の水分も蒸発しやすく、乾きやすくなり、室内干しに適しています。

◆通風性

空気が循環しないと、蒸発した水分が滞留してしまいます。

風通しが良いと、水分の滞留を防げるため、良く乾きます。

快適な室内干しスペースをつくるためのポイント

快適な室内干しスペースをつくるために、押さえるべきポイントを十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまへご紹介します。

普段の洗濯物に応じてスペースの広さを決める

実際に室内干しスペースを作り、イメージしていたよりも狭かった場合、干すのも取り込むのもストレスに繋がります。

予め、作業のしやすさを考えて、ある程度の広さを設けましょう。

洗濯物が乾きやすい条件を整える

先述した、洗濯物が良く乾く条件を整えることで、快適な室内干しスペースを実現することができます。

乾燥までの時間を短くして、雑菌の繁殖を抑え、生乾き臭や部屋干し臭の嫌なニオイも抑えることができます。

最後に

室内干しは、条件をクリアすれば嫌な生乾き臭も防ぐことができます。

ぜひ、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも快適な室内干しスペースを作り、ストレスを感じないお家を作りましょう。