トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.267【抜け感で癒しを演出】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.267【抜け感で癒しを演出】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

抜け感という言葉は、ファッションでよく耳にするかと思いますが、インテリアコーディネートにおいても抜け感は大事と言えます。

今回は、お部屋で抜け感を演出するための方法をご紹介します。

目次

抜け感とは

抜け感を演出する方法

最後に

抜け感とは

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、インテリアコーディネートにおける抜け感をご存じでしょうか?

◆見渡しを良くする抜け感

お部屋を開放的に見せることが目的の抜け感は、リビングダイニングで意識するとより良いと言えます。

抜け感によって、居心地の良さやリラックスして過ごすこと大きく変わります。

例えば、お部屋の入口から視線の先にある窓まで、目線の高さに物を置かないようにしたり、高さが低い家具を選んだりすることがポイントになります。

◆崩して作る抜け感

インテリアコーディネートを考えた際に、多くの人が自分のこだわりを持ち、作りこみすぎてしまうことがあります。

そのため、お部屋がキッチリしすぎてしまったり、落ち着かない空間になってしまいます。

あえて遊び心を持たせることで、リラックス空間を演出することができます。

例えば、コーディネートや家具の組合せを崩し、変則的にしてみることで、遊び心が生まれます。

抜け感を演出する方法

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまへインテリアコーディネートにおける抜け感をご説明しました。

次は、抜け感を演出する方法です。

◆ロースタイルで抜け感を演出

ロータイプの家具でまとめることで、お部屋を入った際の視線の先に抜け感を演出することができます。

目線の高さが開かれていることで、開放感を生み出し、窓からの日差しや新鮮な空気も入りやすくなります。

リビングであれば、ソファをロータイプにするだけで、自然とロースタイルを演出し、抜け感を印象付けることも可能です。

◆雑貨や照明の飾り方で抜け感を演出

雑貨や照明の飾り方でも抜け感を演出することができます。

配置するバランスを意識せずに、あえて崩すことで全体的に抜け感のある印象を与えます。

家具の配置だけでは、きっちりとした印象になりがちなので、装飾品で遊び心を加えることもおすすめです。

◆組み合わせをランダムにして抜け感を演出

統一感のあるコーディネートは理想的だと思いますが、リラックスし辛い印象もあります。

一部分でも家具の組合せや配置の順番を崩してみることで、全体の雰囲気がやわらかくなり、リラックス効果が高まります。

素材や色などを異なるものにしてみたり、別デザインの組合せてでミスマッチを演出してみましょう。

最後に

抜け感を意識してコーディネートすることで、開放的に見せる効果やリラックスできる癒しの効果を得ることができます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの自由な発想を加えてみて、自分なりの心地よい抜け感をぜひ取り入れてみてください。