トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.266【和室の家具選び】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.266【和室の家具選び】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

和室に置く家具は、和室のメリットを損なわない選び方が重要です。

今回は、和室の家具選びに関してご紹介します。

目次

和室の家具選び①

和室の家具選び②

最後に

和室の家具選び①

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、和室にどんな家具を置きますか?

■座椅子で床座生活を充実させる

床座生活が基本となる和室は、疲れにくい座椅子がおすすめです。

背もたれがしなやかにカーブしているものや適度な弾力の座面を持つ座椅子だと、長く座っても疲れにくいと言えます。

■座布団でくつろぎを

和室と言えば、座布団です。

座ることも寝転がることもでき、その人によって様々な過ごし方が可能です。

例えば、来客用で使用する和室でも、片付けるが簡単でかさばらないため、収納場所にも困りません。

■ローテーブルは円形がおすすめ

円形ローテーブルには、座った人同士へ一体感を感じさせる効果があるとされています。

和室の家具選び②

■座卓でくつろぎを

和室に大勢で集まる場合は、座卓がおすすめです。

ゆとりある空間で、食事や会話を楽しむことができます。

■無垢材の収納家具でデザイン性と癒しを与える

昔から日本では、木造建築が主流だったこともあり、和室には無垢材を使用した家具が似合います。

模様によって、和室への馴染み方も変わってきます。

横模様は、空間を引き延ばして見せる効果を持つため、開放的な和室に相性が良いと言えます。

縦模様は、洗練とした印象をもたらします。

格子模様は、障子などで採用されているように、昔から馴染み深いデザインです。

■和室を寝室使いするなら

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、和室=布団というイメージをお持ちでしょうか?

和室を寝室として使用する場合、ローベッドを使用することで、布団の片付けや準備が不要になることや埃を吸い込みにくいというメリットがあります。

和室の雰囲気を崩さず、馴染みが良いと言えます。

落ち着いた色合いを使用することでうまく和室に調和します。

最後に

心から落ち着ける空間である和室は、家具にこだわることで、くつろぎをより高めることができます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまもぜひ、和室の家具にこだわってみてください。