トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.245【大切なコンセント計画②】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.245【大切なコンセント計画②】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

コンセントは、暮らしに欠かせない部分であり、計画において後悔や失敗しやすい部分でもあります。

今回は、コンセント計画を失敗しないためのポイントついてご紹介します

目次

新しい暮らしのイメージをする

コンセントの高さを考える

最後に

新しい暮らしのイメージをする

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、朝起きてから、夜寝るまでの流れに沿って、コンセント計画をしましょう。

例えば、一連の流れとして以下のようなことがあるとします。

◆寝室で起きる

◆洗面室で化粧や髪を乾かす

◆トイレに行く

◆洗濯をする

◆朝食を作る、食べる、片付ける

このように、できるだけ動きを想定します。

その動作に伴い必要な機器とコンセントをイメージしましょう。

コンセントの高さを考える

平面図でコンセント計画を検討していると、忘れてしまうのが高さの計画です。

一般的なコンセントであれば、床面から中心部分で25cmの高さに計画されます。

もし。コンセントの高さに特別な配慮が必要な場合は、以下の寸法を検討しましょう。

◆洗濯機専用…100~120cm

◆冷蔵庫専用…170~180cm

かがむ動作が大変な場合や車いすからでも使用しやすい高さ…40~45cm

◆エアコン用…180~200cm

この他にも、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの使用する家電や設備に応じてコンセントに合った高さを検討しましょう。

最後に

今回は、失敗しないコンセント計画のポイントを、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまへご紹介しました。

コンセントが適切な場所にあると、暮らしが便利になり、延長コードなどの余計なコードを使わずに済みます。

そうすることで、住まいがすっきりし、転倒も防ぐことができますので、コンセント計画で安全な家づくりをしましょう。