トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.222【開放的に見える横長リビング】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.222【開放的に見える横長リビング】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

横長リビングは、開放的に見えることに対して、壁の少なさから家具のレイアウトに工夫が必要です。

今回は、横長リビングのメリット、デメリットをご紹介します。

目次

横長リビングのメリット

横長リビングのデメリット

最後に

横長リビングのメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまのリビングは横長でしょうか?

リビングダイニングには、横長リビングと縦長リビングという2種類の形状に分かれています。

双方にメリット、デメリットがあり、横長リビングは広く開放的に見せたい方におすすめです。

横長リビングのメリットは、リビングとダイニングが隣り合わせになることで、窓を大きく作りやすくなることで、開放的な空間にすることが可能です。

窓が大きく広いため、室内に入る光も多く、部屋全体が明るくなるメリットがあります。

また、窓からの景色を楽しめます。

リビングにソファを置く場合、ダイニングとの空間分けになりながら、ソファを引き立たせることができます。

他にも、大きめのテレビをリビングに置く場合は、横長リビングであればダイニングから見ることができるので、食事の際にテレビを見たい方にもおすすめです。

横長リビングのデメリット

横長リビングのデメリットは、レイアウトに工夫が必要になることです。

窓が大きいというメリットがありますが、その分、壁が少なくなります。

そのため、家具などのレイアウトがしにくくなってしまいます。

家具の配置イメージが違うと感じても、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも、一度配置した家具を移動しようとはならないと思います。

他にも、リビングに隣接した客間は、窓からの距離があることで窓のない部屋になってしまうことも考えられます。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまで、リビングに開放感を持たせたいのであれば、横長リビングをおすすめします。

間取りの工夫次第では、デメリットも最小限に抑えることができますので、横長リビングのメリット、デメリットを把握して検討しましょう。