トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.220【外の騒音を軽減する】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.220【外の騒音を軽減する】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

最近は風が強く、うるさいことが原因でストレスになってはいないでしょうか?

快適な暮らしを実現するためには、遮音性も重要と言えます。

今回は、遮音性を持った窓での騒音対策についてご紹介します。

目次

室内で騒音を感じる理由

窓で騒音対策

最後に

室内で騒音を感じる理由

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、外の風音がうるさくて、中々眠りにつけないことはありませんか?

昨日は特に、風も強く、うるさいと感じたと思います。

では、その騒音は、何が原因で室内に伝わってきているのでしょうか。

◆空気から伝わってくる音

屋外からの動物の鳴き声や自動車などが該当します。

◆地面や天井、壁、床などから伝わってくる音

隣接しているお部屋から聞こえてくる生活音が該当します。

◆上記2つを持ち合わせた伝わってくる音

近隣で行っている工事現場の作業音や大型トラックなどの走行音が該当します。


これらの音は、住宅の構造上、窓からの侵入が多いと言えます。

というのも、窓は開閉しやすいように隙間が設けられているため、そこから騒音の侵入を許してしまいます。

記述した内容を踏まえて考えると、窓の遮音性を高めることが、騒音対策のポイントになります。

窓で騒音対策

窓は、サッシとガラスの組み合わせによって性能が決まります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、遮音性を高めるのであれば、ガラスは厚めのものを選んだり、複層ガラスや防音ガラスを選んだりするのも良いと言えます。

また、窓の内側にもう一つ窓を設置することで、音の隙間をなくし、高い遮音性能を発揮します。

断熱性能も向上し、窓際の寒さ対策や結露にも効果的です。

そのほか、手軽にできる対策として、遮音テープや遮音カーテン、吸音シートなどを活用することも、十分な遮音対策になります。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、遮音対策をされていますでしょうか?

お家時間が増えたことで、普段聞くことはなかった屋外からの騒音に悩まされている方もいるかと思います。

新築を建てるのであれば、遮音対策もしっかりと考えて、静かで落ち着いた環境を目指しましょう。