トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.196【理想のホームオフィスを作るには】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.196【理想のホームオフィスを作るには】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

在宅勤務をする際に、どのお部屋で仕事をしますか?

家族や仕事内容などの要因で、場所を選ぶのではないでしょうか。

今回は、理想のホームオフィスの作り方をご紹介します。

目次

ホームオフィスはメリハリが重要

WEB会議が多い方向けのホームオフィス

最後に

ホームオフィスはメリハリが重要

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、リビングで仕事をすることはありますか?

書斎や個室の作業スペースがない場合に、よくリビングを作業場所として選ぶ方が多くいます。

しかし、リビングはくつろぐことを考えられた空間なので、作業場所としては、メリハリがつきにくいのではないでしょうか。

メリハリがつき、仕事に集中できる方法は以下のようなことが考えられます。

◆独占スペースを作る

ダイニングテーブルを利用して作業をしている場合、食事などによって中断されることがあります。

食事の際に物を片付けて、食事が終わったら再び作業できるように元に戻す。

これでは、効率も悪く集中もしにくいと言えます。

だからこそ、小さくても独占できるスペースを作ることが重要です。

◆イスは変える

リビングソファやダイニングチェアを使用しての作業は、腰や肩を痛めるだけでなく、メリハリがつきづらくなってしまいます。

できるだけ、負担のかからないクッション性の高いイスを使ったり、リビングソファなどの兼用をやめることで、オンとオフの切り替えもしやすいと言えます。

◆娯楽を視界に入れない

作業をする場所では、娯楽が視界に入らないようにすることが望ましいです。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、寝室を作業スペースとしている場合、ベッドから作業スペースを離したり、デスクライトは昼光色や昼白色にしましょう。

◆オフの時にこそ気を遣う

休憩を取る際に、見ている景色が変わらないと、中々リフレッシュもできないかと思います。

このスペースは休憩スペースだと、自分なりに分かりやすく演出するだけでも、気持ちがだいぶ変わります。

肌触りが良い生地やお気に入りのクッションを置くなどして、身体だけではなく心のリフレッシュも大事にしましょう。

WEB会議が多い方向けのホームオフィス

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、WEB会議が多いという方はいますか?

WEB会議をする上で、生活音や家族が映りこんでしまう可能性があると集中できないかと思います。

どのような工夫ができるかご紹介していきます。

◆寝室を利用する

書斎や個室などがない場合は、寝室をおすすめします。

人の出入りも少なく、集中してWEB会議に臨めることでしょう。

◆映りが良くなる方法

デスクライトを使用して、自分自身に明かりを斜め前から当たるようにすると、陰影によって表情が豊かに映ります。

モニター越しだと、どうしても不愛想に見えてしまうので、そういった工夫も重要と言えます。

注意していただきたいことは、自分の背面に明かりを置かないことです。

PCにもよりますが、自分自身が暗く映ってしまうため、印象が悪くなってしまいます。

◆背景はシンプル

壁を背にすることで、画面から見えるものが少なくなり、すっきりとした印象を与えることができます。

また、人が通る心配もなくなり、より集中してWEB会議に臨めます。

最後に

メリハリをつけるためには、快適なホームオフィスを作ることが秘訣と言えます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまで、何となく集中できない気がするという方は、リフレッシュがうまくできていない可能性もあります。

ストレスなく作業が行えるように、今回の記事をぜひ、参考にしてみてください。