トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.183【リビングテーブルはガラス製?木製?】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.183【リビングテーブルはガラス製?木製?】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

リビングテーブルを選ぶときは、何を決め手にしていますか?

デザイン性やお部屋の雰囲気に合わせるなどありますが、素材がポイントと言えます。

今回は、ガラス製と木製のメリット、デメリットをご紹介します。

目次

ガラス製のリビングテーブル

木製のリビングテーブル

最後に

ガラス製のリビングテーブル

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、ガラス製のテーブルは候補に入っていますか?

ガラス製のリビングテーブルは、お部屋を広く感じさせてくれます。

大きなリビングテーブルでも、天板が透けており、床面が見えるため、お部屋を狭く感じさせません。

また、デザイン性も高いと言えます。

ほとんどのインテリアテイストに会い、お部屋をクールかつスタイリッシュな空間へと変化させます。

ほかにも、お手入れがしやすいメリットがあります。

ガラス製のため、飲み物をこぼしても染み込まず、拭き取ることが出来るため、お手入れは容易です。

しかし、ガラス製のリビングテーブルは音や割れることが欠点と言えます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、コップをガラス製のリビングテーブルに直接置いた場合、音が鳴ります。

割れる恐れもあるため、取り扱いには注意が必要です。

音に関しては、コースターやマットを敷くことで対策できますし、硬いモノや強い衝撃を与えなければ割れることはないので、多少気にする程度で使用すれば、問題ないと言えます。

木製のリビングテーブル

ガラス製リビングテーブルとの大きな違いは、木材特有の温もりを感じることが出来ることです。

木材の種類によっても、ナチュラルや重厚感を感じさせるなど違いが出てきます。

よって、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまのお好みによって、テイストを変えることが出来ます。

また、傷や汚れが付いたとしても、そこまで気にならず、むしろ唯一無二のリビングテーブルと言えるでしょう。

お手入れをしていれば、長く愛用できるため採用されることが多いです。

ガラス製のリビングテーブル同様、木製のリビングテーブルにもデメリットはあります。

先ほど記述した汚れについて、デメリットが生じてしまいます。

汚れや水分に弱い素材もあるため、塗装されていない木製のリビングテーブルであれば、染み込む恐れがあります。

しかし、適切なお手入れを行うことで、デメリットを回避できますので、素材に合わせたお手入れ方法を確認して、長く愛用できるようにしましょう。

最後に

ガラス製のリビングテーブルと木製のリビングテーブル、それぞれにメリットデメリットはありますが、注意すべき点を把握することで選びやすくなると言えます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまのお気に入りのリビングテーブルを選んで、こだわりのお部屋を作ってみてください。