トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.179【宅配ボックスで非接触受け取り】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.179【宅配ボックスで非接触受け取り】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

濃厚接触を避けるために、外出を自粛していても、家の中で接触をしてしまう場面はあります。

例えば、荷物の受け取りをすることも、接触をしてしまう場面の一つです。

そこで、非接触・非対面で荷物の受け取りを可能にする宅配ボックスが活躍します。

今回は、宅配ボックスを設置するメリット、デメリットをご紹介します。

目次

宅配ボックスのメリット

宅配ボックスのデメリット

最後に

宅配ボックスのメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、宅配ボックスを設置していますか?

宅配ボックスを設置をすることで得られるメリットは、以下の通りです。

■外出時でも荷物を受け取れる

宅配ボックスを設置する理由としては、不在時であっても、荷物を受け取れることです。

仕事でお家にいないことや休日にお出かけしている時など、お家にいないタイミングが様々です。

注文物によっては、日時を指定できないことも考えられるため、再配達の億劫さからずっと家にいる方もいるのではないでしょうか?

しかし、宅配ボックスを設置していれば、荷物の配達時間を気にすることなく、お家を留守にすることができます。

■非対面で荷物が受け取れる

寝起きだったり、荷物を受け取りに行くのが面倒で居留守にした経験はありませんか?

揚げ物を作っている途中や電話中などの手が離せないタイミングで、配達のタイミングが被ったりすることもあるかと思います。

ですが、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆様が、宅配ボックスを設置したら、宅配業者と対面することなく荷物を受け取ることができます。

■防犯対策

万が一、宅配業者を装った不審者が来たとしても宅配ボックスを設置していれば、安全と言えるでしょう。

荷物は宅配ボックスに入れておいて下さいと言えば済みますし、不審者と対峙するリスクを無くすことができます。

宅配ボックスのデメリット

次に、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、宅配ボックスを設置した際に生じるデメリットをご紹介します。

■物によっては受け取れない

例えば、冷蔵品や冷凍品であれば劣化してしまう恐れがあるため、宅配ボックスで受け取ることができません。

ほかにも、代引きや貴重品なども受け取ることができません。

宅配ボックスの大きさを超えるような、大きな荷物も入れることができないため注意が必要です。

■複数は対応不可

宅配ボックスは、扉の開閉でロックがかかります。

荷物を一つでも入れて、ロックがかかると解除するまで開けられないので、荷物が複数届くような日だと、2個目からの受け取りはできません。

■盗難対策が必須

鍵が壊れやすかったり、荷物を簡単に取り出せるような簡易的な宅配ボックスは注意が必要です。

防犯カメラや人感センサーのライトなどの盗難されないように、対策をしておく必要があります。

最後に

宅配ボックスは、様々な形やタイプがあります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの好みや生活スタイルに合わせたものを設置して、荷物の受け取り方を変えてみましょう。