トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.170【防水パンの必要性】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.170【防水パンの必要性】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

洗濯機から、万が一水漏れを起こした場合に被害を最小限にしてくれる防水パン。

ですが、最近は防水パンなしで洗濯機を直置きすることが増えてきています。

今回は、防水パンのメリット、デメリットと直置きのメリット、デメリットをご紹介します。

目次

洗濯パンのメリット、デメリット

直置きのメリット、デメリット

最後に

洗濯パンのメリット、デメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、洗濯パンを使用していますか?

洗濯パンがあることによって得られるメリットは、なんと言っても水漏れに対応できることです。

例えば、洗濯機の排水ホースから水漏れしていた場合、気づかないうちに床に染み込んでいたりすることもあります。

その場合、洗濯パンの上に洗濯機を置いていれば、床に染み込むことを防げる可能性があります。

しかし、水漏れは年に何回も起きるわけではありません。

そのように考えた際に、感じるデメリットは、掃除のしにくさです。

洗濯機は基本的に重いので、移動させて洗濯パンを掃除する方は少ないと思います。

だからこそ、洗濯パン内にゴミや埃が溜まって、排水溝が詰まることも考えられます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、水漏れのリスクと掃除のしにくさを天秤にかけて考えてみると良いでしょう。


直置きのメリット、デメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をするなら、洗濯機を直置きにしますか?

洗濯機を直置きするメリットは、見た目がすっきりすることや洗濯機周りの掃除が楽になることです。

最新式の洗濯機であれば、水漏れもほとんどなく、スタイリッシュなデザインが多いため、洗濯パンの必要性が感じられないと思います。

また、ゴミが溜まりやすい洗濯パンがなくなることで、洗濯機周りを掃除するだけになるので、掃除が楽になります。

デメリットを挙げるとするならば、洗濯機下に水が入った際に掃除が大変なことです。

ですが、洗濯機パンがあっても、同様の掃除方法になるため、直置き特有のデメリットとは言えません。

それでも水漏れが不安な方は、洗濯パンを使用するのが良いでしょう。

最後に

水漏れは気になるけど、掃除のしやすさも重視したいとお考えの、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方におすすめなのが、キャスター付きの洗濯機専用台です。移動も楽に行えて、洗濯機下も見えるので、水漏れしているかどうかすぐに判断できます。自分が一番面倒だと感じる部分を考えて、解消すると日々の生活も快適になるかと思います。