トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.167【使いやすいウォークインクローゼットの間取り】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.167【使いやすいウォークインクローゼットの間取り】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

ウォークインクローゼットといっても、様々なタイプがあり、何を収納するのか人それぞれです。

人数次第で、使いやすさも変わってきますので、今回は使いやすくなるためのウォークインクローゼット間取りをご紹介します。

目次

ウォークインクローゼットのタイプ

ウォークインクローゼットの間取り

最後に

ウォークインクローゼットのタイプ

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、ウォークインクローゼットに何を収納しますか?

ウォークインクローゼットは、収納の仕方で適している広さや収納量も変わります。

■ハンガータイプ

ハンガーパイプが取り付けられ、衣類をメインで収納するタイプです。

広さをあまり必要とせず、基本的なクローゼットと同様の使う場合に適しています。

衣類をかけた際にできる下のデッドスペースを、どのように活用するか考えておくと良いでしょう。

■収納棚タイプ

ウォークインクローゼットの壁面に収納棚がついているタイプです。

ある程度の広さを必要としますが、大きなものでも収納できます。

しかし、収納棚の取り付けによってウォークインクローゼット内の移動が不便になってはいけませんので、注意が必要です。

ユニット棚タイプ

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、様々な物を収納することを想定し、ユニットキャビネットを使って、壁に造作するタイプです。

適応力が高く、想定外の物を収納できる点がメリットと言えます。

ウォークインクローゼットの間取り

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが考える、必要なウォークインクローゼットの面積はどれくらいでしょうか?

ご家族の人数や収納物を考えつつ、歩けるスペースやゆとりを確保することも忘れてはいけません。

■2畳のウォークインクローゼット

夫婦2人で使う場合は、2畳程度が適していると言えます。

空間を左右に分けて考えて、オフシーズンは左に収納など決めると使いやすいと思います。

ウォークインクローゼット内で着替える場合には、大体80cmほどのスペースがあると便利です。

■3畳のウォークインクローゼット

夫婦2人にお子さまの3~4人家族の場合に最適と言える広さが3畳です。

お子さまの収納物は、大人の半分と考えておくと良いでしょう。

夫婦2人で使用する場合には、十分と言っていいほどの収納スペースになります。

■4畳のウォークインクローゼット

お子さまが成長した後のことを考えて、4畳にすることも良いですが、デッドスペースが生まれやすいので注意が必要です。

使い勝手を考えると、一つに集約させるのではなく、分散させるような形で子ども部屋にクローゼットをもう一つ設けることが無難です。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの洋服を収納する際には、パイプハンガーであれば180cmあれば十分と言えます。

所有物も人それぞれなので、これが最適と言い切ることはできませんが、ウォークインクローゼットを設ける際に後悔しない方法として、所有物をしっかりと把握しておくことが重要です。

ウォークインクローゼットを設ける際は、満足のいくウォークインクローゼットにしましょう。