トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.147【こだわりオプション~食品庫~】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.147【こだわりオプション~食品庫~】

食品庫について

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

せっかくのマイホームだからこそこだわりたい!そんな時に活用していただきたいのがオプション仕様です。

今回はストッカーとして大活躍の食品庫をご紹介します。

目次

食品庫の仕組みと秘密①

食品庫の仕組みと秘密②

最後に

食品庫の仕組みと秘密①

家中どこでも暖かいのが自慢のホーム創建の住宅。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、涼しい空間ないなら、冷蔵庫に入りきらない野菜や飲み物をどこに置いておこう?と考えますよね。

そこで活躍するのが食品庫。家の中にあえて涼しい場所を作ることで、食品ストッカーとして活用することができます!

昨年度の採用率はなんと62%。

ホーム創建ではおなじみの人気の高いオプションです。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまに、食品庫の仕組みと秘密をご紹介します!

◆食品庫内が涼しくなるのはなぜ?

それは外気を取り入れて天然の冷蔵庫のようになるから!

食品庫内に換気扇と給気口を設け、そこから外気を取り入れています。センサーも付いているため、外気温が氷点下になったとしても食品庫内が凍ることはありません。

※外気温の高い夏の間は、食品庫内も涼しくならず、室温と同じくらいの温度になります。

食品庫の仕組みと秘密②

◆食品庫の扉が分厚いのはなぜ?

それは扉の中に断熱材が入っているから!

扉だけでなく、食品庫の周りの壁の中にも断熱材がぎっしりと詰まっています。

食品庫の中とお家の中は別空間のように温度差があるので、ここで断熱材がないと冷気が侵入する原因に。

また、温度差による扉の反りを防止するため、扉の上下に頑丈なロックをつけています。

◆どんなものを入れられるの?

冬の間は冷蔵庫並みに冷えるので、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの、冷やしておきたい飲み物などを入れられます!

夏場は常温で保存のできるお菓子やレトルト食品等をしまうのに最適。

秋口頃からは徐々に食品庫内も冷えるようになってくるので、旬の野菜や果物も入れられるようになります。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、家を建てるなら食品庫が欲しい!と思いましたか?

オプション仕様を活用して、マイホームを作りましょう!

※オプション仕様を施工できる箇所や価格については条件により異なります。詳しくは各担当者にご確認ください。