トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.138【照明器具をお部屋に合わせる②】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.138【照明器具をお部屋に合わせる②】

お部屋に合った照明器具選び②

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、トイレと浴室のおすすめ照明器具タイプをご紹介いたします。

目次

1.トイレに合った照明器具選び

2.浴室に合った照明器具選び

3.最後に

トイレに合った照明器具選び

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、今トイレでどのタイプの照明を使用していますか?


一般的に、トイレ空間に合う小型のシーリングライトダウンライトなどを使用します。

機能が充実している、人感センサー付きの照明もあります。

人感センサーであれば、自動で点灯消灯を可能とするので、省エネであると言えます。

照明自体に人感センサーを内蔵していないのであれば、人感センサーを別に設置することで、自分好みの照明を使用できます。


トイレの照明器具をもっとこだわりたいとお考えの、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方は間接照明がおすすめです。

壁、天井、カウンターに間接照明を使用することで、おしゃれなトイレ空間を演出できます。

浴室に合った照明器具選び

浴室の照明器具選びは、2つのポイントを押さえて選ぶことをおすすめします。


◆カバー取り付け可能な照明

浴室は、水を使う場所です。

そのため、照明に水がかからないようにしなければいけません。

そこで、照明にカバーが必須になります。

大事なことは、使う照明にカバーを取り付けでも大丈夫か確認をすることです。

仮に取り付け不可な照明であれば、放熱がうまくされず、電球の劣化が激しくなります。

また、照明が高温になり、やけどをしてしまう恐れがありますので、カバーを取り付け可能か確認をしっかりとしましょう。

◆防湿仕様の照明

浴室で使う場合には、防湿仕様であるかも確認しなければなりません。

湿気で濡れてしまうので、防湿仕様でなければ故障や発火などの危険を伴います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方は、安全に使用するためにも、防湿仕様であるか確認をして、浴室に照明を取り付けましょう。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、間接照明に関心はお持ちでしょうか?

トイレに何時間も居ることはないと思いますが、おしゃれな空間に仕上げることで、使用するたびに間接照明をつけてよかったと感じることでしょう。

また、浴室の照明を選ぶ際には、しっかりと確認をしていただければと思います。