トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.112【男前インテリアで無骨なカッコよさ】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.112【男前インテリアで無骨なカッコよさ】

男前インテリアとは

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

男前インテリアとは、男っぽくかっこいい雰囲気のお部屋のことです。

近い雰囲気だと、カフェ風やブルックリン風のインテリアに近く、合わせてお部屋の雰囲気を作り上げることもできます。

今回は、男前インテリアに合うアイテムなどをご紹介していきます。

目次

1.男前インテリアのポイント

2.男前インテリアは組み合わせで作れる

3.最後に

男前インテリアのポイント

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、男前インテリアをご存じでしょうか?

男前インテリアは、カフェ風、ブルックリン風のインテリアに似ていますが、それらのインテリアを組み合わせた、独特なスタイルと言えます。

簡単に言えば、ラフワイルドスタイリッシュな雰囲気を持つ、カッコいいスタイルが男前インテリアです。


主に、ブラック系ブラウン系の色が基調とされ、ライトブラウンよりは、ダークブラウンなどのほうがより、男前風な雰囲気に仕上がります。

ブラウン系は、ニスやブライワックスを塗装で使い、ワイルドな雰囲気に仕上げるのが主流です。

レザーのソファーチェアタペストリーアートなどを置くのも男前インテリアのコツです。


ヴィンテージ感も男前インテリアと相性が良く、くすんだブラウン系モノトーンアイテムレトロ感をプラスするのもおすすめです。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、よりおしゃれにしたいとお考えであれば、インダストリアルインテリアも良いでしょう。

無骨ですこし荒っぽい、工業的なものを取り入れたものをインダストリアルインテリアといいますが、あえて配線やパイプなどがそのままあるように見せて、インテリアとして使用するのもおしゃれです。

照明は、電流が流れる細い線(フィラメント)が見えている電球やランプを選ぶと、ヴィンテージ感をプラスできます。


男前インテリアは組み合わせで作れる

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、簡単に男前インテリアを実践したいのであれば、

ほかのスタイルを組み合わせて、作り上げましょう。

◆ブルックリン風

ニューヨークの都市である、ブルックリンの雰囲気をイメージしたものが、ブルックリン風です。

アーティストなどの芸術家が集まるブルックリンでは、最先端のインテリアとレトロアイテムが組み合わさり、新しいのにどこか古い、おしゃれな雰囲気をもたらします。

◆インダストリアル風

先ほどもインダストリアル風を紹介しましたが、改めてご紹介します。

産業革命以降の、機能性を重視した中で生まれたインテリアです。

デザインなどの見た目ではなく、機能性を重視して生まれたインテリアなので、無骨な雰囲気があります。

◆サーフ風

サーフィンや海をイメージしたサーフ風は、爽やかな印象をもたらします。

主に、水色や白色のアイテムを使い、ダーク系でまとまったお部屋に、ワンポイントで入れると、空間が引き締まります。

◆ガレージ風

インダストリアル風に近いのが、ガレージ風ですが、赤・黄・緑などの原色を多用し、無骨ながらも存在感を放ちます。


男前インテリアは、ラフやワイルドさを持ちますが、おしゃれでないと汚いという印象を与えてしまいます。

うまくスタイルを組み合わせて、無骨でカッコいいお部屋にしましょう。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、男前インテリアをどう思いますか?

様々なスタイルを組み合わせると、ごちゃごちゃしてしまいますが、ブラック系とブラウン系でまとめることで、統一感を出せます。

ワンポイントで、明るい色を組み合わせるなどして、カッコいいお部屋を作りましょう!