トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.109【部屋の間取りタイプを改めて知る】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.109【部屋の間取りタイプを改めて知る】

LDKやDK

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

LDKやDKなどのアルファベットで表記された空間が、具体的にどのような空間かご存じですか?

間取り図に記載してある情報をしっかりと理解して、お家を建てる際に役立てましょう。

目次

1.改めて間取りの表記を知る

2.その他にもあるアルファベットの表記

3.最後に

改めて間取りの表記を知る

見覚えのある表記から、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまにご紹介します。

アルファベットの表記は、どんな意味かわかるけど、抽象的なイメージしか湧かないという方も、間取りの表記を知りましょう!

◆R(Room)ルーム

個室を意味するRは、原則的に、1Rの間取り以外では省略されます。

◆L(Living):リビング

家族団らんの中心になるスペースです。

ほどほどの広さが理想的な、くつろぐ空間です。

◆D(Dining):ダイニング

住居における「食事室」のことです。

キッチンと一体となったダイニング・キッチン。

居間と一体となったリビング・ダイニング。

3つの空間が一緒になった、リビング・ダイニング・キッチン多く採用されています。

◆K(Kitchen):キッチン

台所のことを指します。

シンク、コンロ、換気扇などを一括して、その総称として使われています。


他にも、アルファベットの表記はあります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方でも、見覚えのない表記があるかもしれません。

◆S(Service Room):サービスルーム

サービスルームは、建築基準法により「居室」と認められない部屋です。

なので、採光のための窓を設けることができない部屋は、Sという表記されます。

窓がついていても、Sと表記されていることもあります。

◆RF(Roof Floor):ロフト

天井を高くして部屋の一部を2層式にした上部空間のことです。

はしごを使い、子どもの遊び場、収納スペースなどに活用できます。

建築基準法では、小屋裏物置等という扱いになります。

◆DEN:デン

巣、ほら穴を意味する英語「DEN」からきた言葉です。

書斎や趣味を楽しむための部屋という意味で使われ、 特に広さや形の基準はなく、隠れ家的な用途を持つ部屋となっています。

その他にもあるアルファベットの表記

まだアルファベットの表記はあります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、知っていますか?


◆SB(Shoes Box):シューズボックス

読んで字の如く、これは靴箱です。

玄関の横にSBと書いてある間取りを見たことがあるかと思います。

◆PS(Pipe Space):パイプスペース

普段の生活で意識することがない分、覚えづらい表記です。

パイプスペースなので、配管などが通っている場所になります。

◆MB(Meter Box):メーターボックス

電気、ガス、水道のメーターがある場所を指すMBも、PS同様、普段の生活で気にしないので、覚えづらい表記と言われています。

◆WC(Water Closet):ウォータークローゼット

間取りを見ただけでも、トイレの形があるので、とても分かりやすいWCです。

◆W(Washing machine):ウォッシングマシン

つまり洗濯機を置く場所のことです。

洗面所に記載されているので、比較的わかりやすい部類かと思います。

WIC(Walk In Closet):ウォークインクローゼット

WINCL、WCLなどと表記されることもあるWIC。

クローゼットは、CLと表記されます。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、どのくらいアルファベットの表記をご存じでしたか?

略語は間取り図のスペースの問題やデザイン上、使用されることがあります。

困ったときに、この記事を参考にしていただければと思います!