トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.107【ほこりを溜めずにきれいなお部屋に】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.107【ほこりを溜めずにきれいなお部屋に】

ほこりについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

掃除をして、きれいなお部屋にしようとしていても、どうしても溜まってしまうほこり。

掃除をしてもきれいにならないからと言って、そのままにしておくとアレルギー性の病気を引き起こしたり、毎日の生活に悪影響を及ぼします。

ほこりを溜めないコツと、ほこりをきれいに取る方法をご紹介します。

目次

1.ほこりが溜まりやすい原因

2.ほこりを室内に溜めないために

3.最後に

ほこりが溜まりやすい原因

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、ほこりの正体をご存じですか?

ほこりは、様々なものが入り混じってできています。

例えば、繊維花粉など、生活の身近なところからほこりは発生しています。

繊維であれば、布製品から発生し、寝具やカーテンなどが原因です。

花粉であれば、窓から侵入したり、外出した際に付着して、お家の中に持ち込んでいることも考えられます。

なので、いくら掃除をしてもほこりは、溜まっていってしまうのです。


主にほこりが溜まりやすく、掃除をする際に気を付けていただきたい場所として、

部屋の隅が挙がります。

使用している掃除用具や掃除機で、うまく部屋の隅を掃除できないことから、ほこりが溜まりがちです。

そのほかにも、コンセントの差込口も埃のたまりやすい場所として該当します。

特に、コンセントの差込口にほこりが溜まり、そのほこりに湿度が含むと、漏電し発火する恐れがありますので、掃除の際はコンセントの差込口も掃除しましょう。


では、ほこりの掃除方法を次にご紹介します。

ほこりの特徴として、

・空中に舞う

・静電気に付着する

・物に付着しやすい

ということが挙げられます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、この特徴を知ることで、ほこりをきれいに掃除できるタイミングや順番がわかります。

室内で、人が歩き回っているときに掃除を行っても、ほこりが空中に舞っている状態になるので、掃除のタイミングとしては適していません。

なので、人のいないタイミングがベストタイミングです。


掃除の順番上から下の順番で行いましょう。

床を掃除する前に冷蔵庫や電子レンジなどの、静電気で付着しているほこりを取り除き、最後に床掃除を行うことで、きれいにほこりを除去することができます。

ほこりをクイックルワイパーなどでとってから、掃除機をかけることで、ほかのゴミもきれいに取り除くことができます。

完全にほこりをとるのであれば、水拭きを最後に行うことでほこりをほとんど取り除けるでしょう。

ほこりを室内に溜めないために

掃除をする際に、最後の水ぶきまで毎日出来ることが理想ですが、忙しい日々で、毎日なんてできないという、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方もいるでしょう。

なので、ほこりの溜まりにくい室内を作りましょう。


1.換気が重要

寒い時期になると、どうしても換気を怠りがちですが、家の中にほこりがどんどん溜まります。

定期的に窓を開け、空気の流れを作ることで、室内にあるほこりが外へ追い出されます。

2.布製品はおすすめできない

寝室でほこりが溜まっていることが多いのですが、それは寝具が繊維をたくさん持っているからです。

そう考えると、リビングで布製のソファーを使用している方や、ラグ・カーペットのある部屋もほこりが溜まっている可能性が高いです。

できるだけ布製品を控えるか、こまめに洗濯を行いましょう。

3.帰宅時にはほこりをはたき落とす

外出から帰宅した際には、服やカバンなどにたくさんのゴミが付着しています。

なので、玄関の前でほこりをはたき落とし、室内にほこりの原因を持ち込まないようにすることが重要です。

4.家具の配置

冷蔵庫の裏やテレビの裏にコンセントの差込口が隠れている場合、ほこりが溜まっていても気づきにくいです。

家具の移動が大変なものほど、ほこりを掃除しにくいので、放置しがちですが、なるべくコンセントの差込口が見えるように家具を配置しましょう。

5.収納棚は扉つきがおすすめ

扉がついていないタイプだと、予想以上にほこりが溜まります。

本や置物一つ一つ掃除をするのも、大変時間がかかります。

できるだけ、扉のついた収納棚を使用することで、掃除における労力も時間もかかりません。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、掃除はお好きですか?

きれい好きだけど、毎日掃除を行うのは億劫だという方もいると思います。

なるべくほこりが溜まらない室内を作り、快適に過ごしましょう!