トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.101【広すぎるリビングがおすすめできない理由】 | ホーム創建

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.101【広すぎるリビングがおすすめできない理由】 | ホーム創建

リビングについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

お家時間を過ごす際に、リビングに居る時間はどのくらいですか?

リビングは狭すぎても、広すぎても過ごしづらくなります。

今回は、広すぎるリビングがおすすめできない理由をご説明していきます。

目次

1.広いリビングを作ったとしたら

2.綺麗なリビングを維持するために

3.最後に

広いリビングを作ったとしたら

リビングをできるだけ広くしたい。

そうお考えの十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方はいらっしゃいますか?

開放的で、明るく広いリビングが良いなと考える方は多いと思います。

ですが、リビングには適度な広さがあります。


例えば、とにかく大きな広いリビングを作ったとしたら、次のような問題が出てくるでしょう。

1.物に溢れている

リビングが広いと、自然ともので溢れていきます。

広ければ広いほど、空間に余白が生まれます。

そして、お子さんたちの学校の物や制服などがリビングに集中してしまいます。

明日も使うから、わざわざ自室に持っていかなくても…。とお子さんは感じるはずです。

2.床面積が増えると…

リビングが広いと、床面積が増えます。

床面積が増えると、物を置ける場所も増えます。

整理整頓をして、見た目では綺麗に見えても、物を置いた裏にほこりが溜まってしまったり。

物を置ける場所が増えると、置いてしまうのは仕方がないことです。

ですが、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの置く物が増えれば増えるほど、ほこりが溜まりやすくなってしまいます。

片付いていないと、掃除が大変になり、段々とおざなりになって、カビやダニも発生しやすくなります。

3.家のコストが高くなる

基本的なことですが、家の面積を広げるとコストは高くなります。

お金をかけて広くした部屋が、散らかりやすい原因になってしまうことは、家を建てて、生活してみないとわかりませんよね。

適度な広さにするだけで、コストもその分浮きますし、散らかってしまう原因を極力無くすことができます。

綺麗なリビングを維持するために

リビングを広くすると、散らかってしまう原因に繋がるのであれば、

適度な広さにして、子ども部屋を1階に作ることを検討してみてください。

子ども部屋が近くにあれば、自室に物を持っていきますし、

無駄なスペースが無くなるので、物を置くスペースも減ります

広さを考えるだけで、リビングがすっきりと保てるのではないでしょうか?


例えば、4人家族でテーブルやソファは大きめな物を使いたいと考えたとしても、そこまで広いリビングは必要ありません。

何より、ローンを組んで払っていくのであれば、無駄にコストを払いたくないはずです。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、リビングを広くしたいと考えているのであれば、

広さを考えるのではなく、住みやすく使いやすいリビングを考えてみましょう。


広いリビングから、適度な広さに変えると、予定になかった書斎収納など、

より使い勝手の良い、理想の家が出来上がるのではないでしょうか?

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、どのくらいの広さがリビングには必要ですか?

生活スタイルによって、リビングに居る時間がどのくらいの割合を占めるのか。

それによっても、リビングの広さはどれだけ必要か変わってきますので、ぜひご相談ください!