トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.99【意外と知らないシステムキッチンの意味】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.99【意外と知らないシステムキッチンの意味】

システムキッチンについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

システムキッチンをお使いの方も多いと思いますが、システムキッチンの意味を知らない方も多いのではないでしょうか?

システムキッチンの種類や特徴を知って、キッチンを選ぶ参考にしてみてください!

目次

1.システムキッチンの意味と種類

2.各種類別の特徴

3.最後に

システムキッチンの意味と種類

システムキッチンとは、天板で流し台・コンロ・調理台・キッチン収納などをつなげて、全てが一体となるように組み合わせたキッチンのことです。

システムキッチンは大きく分けて対面キッチン壁付キッチンがあり、今回は人気の対面キッチンについて、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまにご説明していきます。

対面キッチンの特徴として、開放感があり、家族と会話をしながら料理が行えるということがあります。

対面キッチンの種類ですが、大きく分けると5種類に分かれます。

◆I型キッチン

◆ペニンシュラキッチン

◆アイランドキッチン

◆L型キッチン

◆セパレート型キッチン

各種類別の特徴

◆I型キッチン

一般的な住宅でよく使われているI型キッチンは、コンロからシンクまで、横一直線に並んでいる特徴があります。

メリットとしては、キッチン前にカウンターができるため、手元を隠し、生活感を隠すことができます。

◆アイランドキッチン

オープンキッチンと言えば、アイランドキッチンを思い浮かべる、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方が多いのではないのでしょうか?

名前の通り、島のようになっており、壁と接する部分がありません。

一番開放感があるアイランドキッチンは、設置する際に広いスペースを必要としますが、キッチンの周りを動きやすい特徴があります。

I型キッチンと比べて、手元が丸見えになってしまうので、キッチン上を綺麗にしておかないと、アイランドキッチンの良さを下げてしまいます。

◆ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンに似ているペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの左右どちらかが壁に接している対面キッチンです。

スペースを上手く活用でき、壁に接するので、換気扇の種類を多くの中から選べます。

アイランドキッチンよりも価格は控えめで、存在感もあるので、アイランドキッチンだと開放感がありすぎると感じる方は、ペニンシュラキッチンがおすすめです。

◆L型キッチン

I型キッチンよりも大きく、作業スペースが多いことが特徴のL型キッチンは、効率的にキッチンを動くことができます。

L字型に曲がっているので、コーナー部分がデッドスペースになってしまうというデメリットもあります。

作業スペースを多く取りたい方や、料理中の動きやすさを重視する方はおすすめです。

◆セパレート型キッチン

シンクとコンロが別々になっており、よくお料理教室などで設置されていることが多いセパレート型キッチンは、

作業スペースが多く取れて、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、複数人で料理をしやすいという特徴があります。

対面キッチンと壁付キッチンの良いとこどりをしたキッチンと言えますが、シンクで洗った食材を調理器具に移す際に、床に水滴が落ちてしまうことや、

調理後の熱いフライパンなどをシンクに運ぶ際に、人がいないか確認をするなどして、注意をしなければなりません。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、どのタイプのシステムキッチンが気に入りましたか?

それぞれ、特徴が違うので、キッチンデザインや料理スタイルを考えて、

自分のスタイルに合ったシステムキッチンを選び、楽しく料理をしましょう!