トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.97【どの一戸建てから選ぶか】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.97【どの一戸建てから選ぶか】

一戸建てについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

土地探しや建築会社を選んだり、資金計画をしたりと、考えることがたくさんありますよね。

考えすぎて、本当に理想の家を建てることができるのかと不安になっているかもしれません。

そこで、住宅の種類やメリットなどを改めて知って、自分に合った家を建てましょう!

目次

1.一戸建て住宅の種類

2.一戸建て住宅種類の早見表

3.最後に

一戸建て住宅の種類

◆建売住宅

建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。

間取りやデザインは、図面や仕様が決められているので大きく変更することはできません。

メリットとしては、大量生産によってコストが抑えられていることや賃貸住宅を借りる時のように、事前に外観、内観を見てから購入ができる安心感もあります。

建物が未完成で売られているものでも建売に含まれますが、その場合は、家が建ってからイメージと違うこともありますので注意が必要です。

◆注文住宅

間取りから材質・デザイン・設備など、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方の好みに合わせて家づくりができるというメリットがある注文住宅は、土地探しや良い工務店を探すという手間があります。

家のこだわりが強いあまり、予算オーバーしてしまうこともありますが、最初から最後まで自分が関わって家が完成していくので、満足感や住み始めてからの使い勝手は抜群に良いと言えるでしょう。

家が建つまでに時間がかかることをデメリットと感じるもいると思いますが、安い買い物でもないので、時間を長くかけて家について、打ち合わせを行っていくことはメリットとも言えます。

◆建築条件付き土地

土地を売っている、売主の指定する建築会社で、家を建てるのであれば売ります。という条件付きの土地のことです。

広告で建売住宅のように宣伝されているものもありますので、建築条件付き土地と書いてあるか確認しましょう。

メリットとしては、土地の価格が相場よりも安く設定されていることがよくあります。

流れとしては、土地購入をして建築という、注文住宅に近いように思えますが、その決められた施工会社によって自由度が変わってきますので、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方は、事前に施工会社に確認をする必要があります。

◆中古一戸建て

選択肢の一つとして、中古一戸建ても挙がります。

予算を抑えたい、お子さまの校区内に家が欲しいとお考えの方はおすすめです。

新築・注文住宅と比較すると、住宅購入後の保証や保険、アフターフォローが手薄になりますし、建物の構造躯体が頑丈であるかを築年数だけで判断するのは難しいでしょう。

一戸建て住宅種類の早見表


特徴土地の売主建物の売主/施工会社
建売住宅デザインや間取りが決まっている、土地と建物がセットで販売されている住宅。
ハウスメーカー、工務店など
ハウスメーカー、工務店など
注文住宅土地を購入し、自分が決めた建築会社で住宅を建てる。不動産会社、個人など
ハウスメーカー、工務店、設計事務所など
建築条件付き土地土地売主が指定した施工会社で住宅を建てることを条件にした土地不動産会社、ハウスメーカー、工務店など売主に関係する、ハウスメーカー、工務店など
中古一戸建て土地と共に、築年数の経過した住宅を購入。不動産会社、個人など
物件の所有者、工務店など


最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、建築条件つきの土地に注意が必要です。

事前にどの施工会社で建てる必要があるのか。

それ以外でも、家族と話し合い、自分たちに合った家の建て方、購入の仕方をしましょう。