トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.94【子ども部屋にぴったりな間仕切り】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.94【子ども部屋にぴったりな間仕切り】

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

間仕切りを活用することで、空間を分けることができ、快適さや機能性を上げることができます。

場面に合わせた活用方法で、間仕切りを有効活用しましょう。

目次

1.子ども部屋にぴったりな間仕切り

2.間仕切りの種類やポイント

3.最後に

子ども部屋にぴったりな間仕切り

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、お子さまの部屋を与えますか?

お子さまが小さなうちは、気にしないとしても、成長するにつれて子ども部屋が欲しくなると思います。

お家を建てる際に子ども部屋として、部屋を作る方が多いと思いますが、家から巣立ってしまうことを考えると、後々部屋を持て余すことが考えられます。

間仕切りがあればどうでしょうか?

小さい部屋をいくつか作るのではなく、広めの部屋を一つ作り、お子さまたちの成長に合わせて、間仕切りで間取りを変えることができます。

そのため、間仕切りを活用することで、部屋を持て余すこともなくなりますね。


手軽に間仕切りを取り入れたいという十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方であれば、カーテン収納棚パーテーションがおすすめです。


カーテンは、種類が豊富で、お部屋の雰囲気に合わせることもできますし、取付けはとても簡単に行えます。

収納棚は、物を収納でき、間仕切りとして活用できます。
天井に届くような大きい収納棚であれば、しっかりと空間を分けることができますし、高さのない収納棚を活用すれば、緩やかに空間を分けることができます。

パーテーションは、畳んでしまうことも可能で、キャスターがついているものであれば、移動も楽に行えます。

間仕切りの種類やポイント

間仕切りは、可動式固定式の二つに分かれます。

可動式であれば、移動や取り外しができる間仕切りで、よく使われている引き戸タイプや折れ戸タイプなどは、使用しない時に端に寄せて広い空間として使うことができます

固定式であれば、天井と床に固定するので、間仕切りの位置を変更しない、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方におすすめです。


選ぶポイントとして、お部屋の雰囲気に合わせることが重要になります。

可動式間仕切りで、完全に空間を分けることのできるのであれば、閉めたときに壁がもう一つ増えることになりますので、家具のデザインやレイアウトに合わせた間仕切りにすることで、違和感を無くすことができます。


そして、間仕切りを活用する目的を明確にしましょう。

両親が家に泊まる際に活用する間仕切りであれば、防音や部屋の内部が見えにくいように配慮することも必要です。

リビングに隣接している和室を、間仕切りの活用によって、客間にすることもでき、プライベート空間をすぐに分けることができます。

作業スペースを確保したい際に、間仕切りを活用するのであれば、分厚いカーテンを使用して防音をしつつ、作業に集中することが可能です。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、どの間仕切り方法が気になりましたか?

お子さまの成長に合わせて活用するのも良いですし、集中したいときに間仕切りで空間を確保することもできます。

場面に合わせた活用方法で、快適な住まいを実現させましょう!