トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.91【薪ストーブの魅力】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.91【薪ストーブの魅力】

薪ストーブについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

薪ストーブを使用したことはありますか?

エアコンや石油ストーブと比べると、手軽さはありませんが、優しい暖かさと揺らめく炎に魅力を感じて、薪ストーブにする方もいらっしゃいます。

今回は、薪ストーブの魅力についてご紹介します。

目次

1.薪ストーブで過ごす冬

2.住宅街でも薪ストーブは使える?

3.最後に

薪ストーブで過ごす冬

気持ちが安らぐ。癒される。

そんな声が多い薪ストーブは、火が消えてもしばらく暖かさが持続します。

寒い冬に暖かい寝室で目を覚ましたいという、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、寝る前に少しの薪をくべることで、気持ちの良い朝を迎えることができます。


薪ストーブは、人を周囲に引き寄せる魅力があります。

家時間が多い今だからこそ、薪ストーブを囲みながら家族で談笑など良いかもしれません。


薪ストーブは、地球環境にも良いといえます。

薪を燃やすとCO2を排出しますが、そのCO2はその木が成長した際に吸収したものと同じ量になります。

つまり、CO2は増えても減ってもいないわけです。

伐採した木を、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが薪ストーブで燃やし、新たな木を植えて、若い木の成長を促すことが環境を守ることにもつながります。

住宅街でも薪ストーブは使える?

そもそも暖炉と薪ストーブは何が違うの?と思う十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方がいらっしゃると思いますので、ご説明します。

暖炉は建物と一体で作られたものです。

家の中で焚火をしていることをイメージするとわかりやすいと思います。

薪ストーブは暖炉の改良品で、建物と切り離されています。

燃焼効率を上げながらも、排気が綺麗で、メンテナンスも容易です。


さて、そんな薪ストーブは、住宅街でも使用できるのでしょうか?

結論から言うと、設置自体は全く問題ありません。

ですが、近隣の方が薪ストーブに理解を示していない場合は要注意です。

焚き初めのうちは、煙が濃い場合もありますが、基本的には透明に近い煙なので、問題はありませんが、匂いを受け付けない方もいます。

対応策としては、うまく薪を燃やすことが挙げられますので、密集した住宅街で薪ストーブを設置した場合は、薪の燃やし方に早くなれる必要があります。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、薪ストーブに魅力を感じますか?

手入れが面倒くさい、火事になったらどうしよう。

そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、薪ストーブも進化しています。

適正な設置方法であれば、火事も起きませんし、手入れも容易になっていますので、気になった方は、ぜひ薪ストーブの設置を検討してみてください。