トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.87【開放感と採光抜群の吹き抜け】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.87【開放感と採光抜群の吹き抜け】

吹き抜けについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

吹き抜けのイメージは良いでしょうか?悪いでしょうか?

見た目が良く、様々なメリットがある吹き抜けは、間取りを良く考えないとイメージ通りにならない可能性があります。

吹き抜けのメリットとデメリットを知って、イメージ通りの新築・注文住宅を建てましょう!

目次

1.吹き抜けのメリット

2.吹き抜けの魅力を引き出す

3.吹き抜けのデメリット

4.最後に

吹き抜けのメリット

■開放感が生まれる

吹き抜けを設けた際に、一番のメリットは、開放感が生まれることです。

天井がある部屋と比べると、広々とした印象を与え、窮屈に感じることなく、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、のびのびと過ごすことができます。

■採光が多く明るい

光を取り込めるように計算して吹き抜けを作ることで、日中であれば十分な明るさを確保できます。

日光を浴びると、ビタミンDが活性化され、丈夫な骨や歯を作ることができます。

また、朝起きた際に、体内時計をリセットし、生活のリズムを整える効果もあります。

■風通しが良くなる

暖かい空気は上に行くので、吹き抜けの窓から抜けるようにすると、風通しが良くなります。

■建築費用を抑える

吹き抜けはおしゃれで、建築費が余計にかかりそうと思うかもしれませんが、2階の床面積が減ることで安くなることが見込めます。

ですが、建築会社によって、むしろ値段が上がってしまうところもありますので、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、吹き抜けを作りたい方は、よく確認をしましょう。

吹き抜けの魅力を引き出す

吹き抜けの魅力をより引き出すために、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、吹き抜けを作りたいという方は、照明器具でおしゃれにしましょう!

■開放感のアップ

開放感を高める方法として、吹き抜けの天井付近の壁や梁に照明をつけ、天井に光を向けましょう。

陰影効果で、奥行きが出ることによって開放感のアップが望めます。

■暖かい室内に

スポットライトを使うことで、室内を暖かい雰囲気にすることができます。

吹き抜け部分の各所に取り付け、壁を照らすようにスポットライトで照らすことで、部屋全体が暖かい雰囲気包まれます。

吹き抜けのデメリット

■風通しが悪くなる

先ほど、風通しが良くなるとメリットに記述しましたが、うまく風が抜けるように計算しないと、空気が溜まってしまいます。

立地や条件によって、吹き抜けとの相性がありますので、しっかりと相談をして吹き抜けを作りましょう。

間取りの制限

吹き抜けを作ることで、2階の間取りは制限されます。

間取りと吹き抜け、どちらにこだわりがあるのか、家族間で相談をして決めましょう。

■メンテナンスに手間がかかる

吹き抜けについている照明や窓がある場合、容易に掃除が行えません。

シーリングファンに、ほこりが溜まってもササっと掃除ができるわけではないので、吹き抜けを設ける際は、よく考えてからにしましょう。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、吹き抜けを作りたいと思いますか?

メリットが多い吹き抜けは、掃除のしにくさなどのデメリットもあります。

吹き抜けを設けるのであれば、ご家族みんなで、相談をして、おしゃれな吹き抜けを作りましょう!