トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.86【暮らしやすい二世帯住宅】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.86【暮らしやすい二世帯住宅】

二世帯住宅について

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。


親世帯と子世帯の二世帯が一緒に暮らせば、生活面でも経済面でも、助かりあうのが二世帯住宅です。

ですが、良い点ばかりではありません。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、二世帯住宅を建てた後に、困った状況が発生してしまうこともあります。

今回は、新築・注文住宅を二世帯住宅にする際のコツをご紹介します。

目次

1.タイプ別二世帯住宅

2.二世帯住宅のメリット、デメリット

3.最後に

タイプ別二世帯住宅

二世帯住宅をタイプに分けると以下の3つに大きく分かれます。

■完全分離タイプ

完全分離型というように、居住空間を完全に分離している二世帯住宅です。

世帯毎に独立した生活空間になりますので、水廻りも玄関も別々になっている二世帯住宅です。


■同居タイプ

完全分離タイプとは真逆の同居タイプは、生活空間すべてを共有します。

一緒に暮らしているという気持ちが一番湧くタイプで、大家族で生活しているというイメージです。

水廻りも玄関も共有しており、サザエさん一家をイメージしていただくと分かりやすいです。


■一部共有タイプ

上記2つのタイプを合体させた、一部共有タイプは、水廻りをはじめ、玄関、リビングなどの一部を共有して暮らします。

様々な共有パターンがありますので、リビングは共有せず、浴室は共有するなど、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、二世帯住宅ご希望のお客様によって変わります。

二世帯住宅のメリット、デメリット

二世帯住宅で暮らすメリットは、

  • 子育てや家事を助け合える。
  • おじいちゃん、おばあちゃんと暮らすことで、子どもたちに思いやりの気持ちが生まれる。
  • 共有部分の多さにもよるが、建築費用を抑えられる。
  • 同居タイプであれば、にぎやかになる。
  • 将来の相続税対策になる。


二世帯住宅で暮らすデメリットは、

  • 人が多くなることで、生活習慣の違いがストレスになることがある。
  • 介護問題において、一番期待されてしまう。
  • 嫁姑、婿舅問題が稀にある。
  • 二世帯間の活動時間、価値観の違いがストレスにつながることがある。

どのタイプにおいても、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、二世帯住宅で暮らそうとするのであれば、家族全員の思いやりが大切です。

バリアフリー対策で年配者ファースト

年配者に配慮のない二世帯住宅は、あとあとしっくりいかないことが多いものです。

家で長い時間を過ごす年配者に対して、両親に対して、住みやすさを最優先する配慮が必要です。

生活動線を交えない

二世帯の活動時間は違いがあります。同居タイプ、一部共有タイプの場合、水廻り関係で動線が交わるとストレスの原因になってしまいます。

なるべく裏動線を考えると良いでしょう。

音の問題

音に神経質な家族がいる場合は、音の問題に配慮して、間取りプランをつくりましょう

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、二世帯住宅を考えていますでしょうか?

メリットもあれば、デメリットもある二世帯住宅は、よく考えて間取りを決めるべきです。

家族の気持ちが一番大事になりますので、よく話し合ってから二世帯住宅にすることをおすすめします。