トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.85【みんなのこだわりオプション塗り壁編】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.85【みんなのこだわりオプション塗り壁編】

塗り壁について

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

みんなのこだわりオプション 塗り壁編をご紹介します。


ホーム創建では、内装の仕上げ材にビニールクロスを標準仕様として使っていますが、オプションで塗り壁にすることも可能です。

ここでは、代表的な漆喰と珪藻土についてご説明します。

お手軽度:★★★☆☆  便利度:★★★★☆  こだわり度:★★★★★

目次

1.塗り壁の種類①漆喰

2.塗り壁の種類②珪藻土

3.メンテナンス方法

4.最後に

塗り壁の種類①漆喰

石灰石が原料です。

その石灰石を長時間かけて焼成したものを漆喰と言います。

強アルカリ性のため、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、カビや細菌の発生を極力抑えたい方におすすめです。

また、城壁にも使われていて建材でもあり、高い耐久性を持ちます。

時間が経つと硬くなる性質を持っているため、ひび割れが発生することがあります。

塗り壁の種類②珪藻土

珪藻に分類されるプランクトンの一種が原料です。

珪藻が海底、湖底、川底などに堆積して化石化されたものを珪藻土といいます。

漆喰の1.2倍ほどの高い調湿性を持ち、快適な湿度を保ってくれます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、珪藻土の塗り壁にしたいと考えている方は、水分を吸着しやすいため、カビが発生することがありますので、注意が必要です。

メンテナンス方法

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していて、塗り壁は汚れやすそうとお考えではありませんか?

塗り壁は、ちょっとした汚れなら消しゴムでこすって落とすことができます!

それでも落ちない場合は、サンドペーパーやメラミンスポンジで軽くこすって削ることもできます。

※それでも落ちなければ、弊社までご相談ください!

最後に

せっかくのマイホームだからこそこだわりたい!そんな時に活用していただきたいのがオプション仕様です。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも、お家を心地よい空気にしてくれる塗り壁にしてみてはいかがでしょうか!

※オプション仕様を施工できる箇所や価格については条件により異なります。詳しくは各担当者にご確認ください。