トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.84【カーポートで車を守る】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.84【カーポートで車を守る】

カーポートは設置するべき?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。


車を駐車する場所は、スペースがあれば良い人もいれば、カーポートが良いなど様々だと思います。

そして、新築・注文住宅をお考えの方で、カーポートを設置するかどうか悩まれる方がいます。

カーポートには、どんなメリットやデメリットがあるのか、ご紹介していきます。

目次

1.設置するメリット・デメリット

2.カーポートを設置する際の注意点

3.最後に

設置するメリット・デメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、冬場特に悩まされる、車に雪が積もることを避けることができます。

外出時に雪下ろしをせずに済むのは、とても助かりますよね。もちろん雪だけでなく、雨にあたることも極力避けることができます。

直射日光落下物から車を守ることができるため、車をきれいに長く保てます。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、ガレージでも同じなのでは?と思うかもしれませんが、ガレージを設置するとなると土地の面積や費用の面で条件と合わなくなってくることもあり、カーポートのほうが設置しやすいといえます。


デメリットとしては、お家の窓がカーポートと隣接しているとと日当たりが確保しにくいことや、雪の多く降る冬の施工はできないことです。

カーポートを設置する際の注意点

注意点として挙がるのは、お家との位置関係や配置をよく検討することです。

配置をうまくすることで、天気が悪い日でも、カーポートの下で物の出し入れも行えます。


カーポート自体の大きさにも注意が必要です。

今の車の大きさに合わせるのは当たり前な話ですが、幅に余裕を持たせることで、バーベキューをカーポートの下で行うことも可能です。

車を少しずらし、カーポートの下でバーベキューをすれば、日差しを避けることもできますし、雨が急に降ってきても安心です。

なので、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、カーポートの活用法に幅を持たせるためにも、カーポート自体の幅を広げることはおすすめです。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、カーポートを設置しますか?

先の暮らしを見据えてカーポートを設置すると、お子さまのプール遊びの場になったり、ちょっとしたDIYも行えます。

ぜひ、新築・注文住宅を建てる際は検討してみてください。