トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.77【ハウスメーカーと工務店のどちらで建てるべき】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.77【ハウスメーカーと工務店のどちらで建てるべき】

ハウスメーカーと工務店のどちらを選ぶべきか

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。


家を建てる際に、ハウスメーカーで建築を依頼するか、住んでいる地域の工務店に依頼するか。

どちらに依頼をするべきか迷う方も多いと思います。

ハウスメーカーと工務店のそれぞれに特徴がありますので、比較をしたうえで、自分にはどちらが合っているか確認しましょう。

目次

1.ハウスメーカーの特徴

2.工務店の特徴

3.最後に

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーを皆さんご存じだと思いますが、改めてご説明しますと、ハウスメーカーとは、住宅の建設を行う会社のことです。

目的としては、ただ家を売ることを目的としていることが多く、施工自体は、下請けの会社が行っていることがほとんどと言えます。


ハウスメーカーというと、テレビのCMや街中の看板に載っていたりしますよね。

名前が良く知られているということは、信用できるという強みがあります。


総合住宅展示場であれば、ハウスメーカーそれぞれの特徴を比べることができますし、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの理想とする希望に合っているかを確認できます。

比較も容易に行えて、どんな家が得意なのか、どのようなコンセプトなのかを知ることができます。


そんなハウスメーカーは、先ほど記述した通り、広告費が掛かっていたり、モデルハウスの維持費や住宅展示場の維持費などにも費用が掛かっています。

その分、住宅を建てる費用が割高になってしまうことも考えられます。


設備関係でいえば、ハウスメーカーは自社の製品、もしくは提携している業者の商品しか売れないということがあり、自分で探して、気に入った設備を使いたいとお考えでも、難しい場合があります。

工務店の特徴

ハウスメーカーと比較すると、地域の工務店は、テレビCMを打ち出していたり、全国に住宅展示場はありません。

そうすると、宣伝費が少なくなり、コストは抑えられています。


その反面、知名度が低いので、信頼できるかどうかの見極めが大事になってきます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも、最初は不安かもしれませんが、資料請求や見学会などに参加をして、見極めを行いましょう。 


設備や建具に関しては、自由に選ぶことができる工務店がほとんどです。

例えば、水廻りはこのメーカーにして、窓はこのメーカーで…。

このように、自由に注文できるので、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、家づくりを一緒に行っているといえます。


家を実際に建てるのは、現場の大工さんです。

それは、ハウスメーカーと工務店に違いはありません。

ですが、工務店は大工さんと近い存在なので、営業担当も建築現場をよく知っています。

知名度を気にしないのであれば、ハウスメーカーよりも安心感を持てるでしょう。

最後に

ハウスメーカーと工務店には、メリット・デメリットがあります。

比較した際に、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが思い描く家を建てるにはどちらが向いているのか、それぞれの違いを確認して、しっかりと選ぶことが重要です。