トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.75【停電時に役に立つ水廻り】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.75【停電時に役に立つ水廻り】

水廻りについて

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、水廻りの停電時の使い方をご紹介します!


最近のトイレはリモコンで操作できるものが当たり前、またキッチンや洗面台も手をかざすだけで水の出し止めができる水栓が広く普及してきました。

普段はとっても便利だけど、停電になったら使えなくなっちゃった?!という不安をお持ちの十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも多いのでは?

でも大丈夫!ほとんどの機種には停電時でも使える応急措置機能が付いています。

※停電時の応急処置の方法は機種やメーカーにより異なります。詳しくは各取扱説明書もご確認ください。

目次

1.キッチン

2.洗面化粧台

3.トイレ

4.最後に

キッチン

LIXIL ハンズフリー水栓の場合

シンク下の引出を開けた奥に手動弁が付いています。

そちらを右にいっぱいまで回せば手動吐水に切り替えることができます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまのお家の電気が復旧しましたら、手動弁を左いっぱいまで回して自動吐水に切り替えます。

パナソニック センサー水栓の場合

シンク下の引出を開けた奥に手動ハンドルが付いています。

そちらを反時計回りに回すと吐水、時計回りに回すと止水ができます。

洗面化粧台

TOTO オクターブ ラクラクスマート水栓の場合

レバーハンドルを下げた後、化粧台内の扉を開けた奥にある手動弁を時計回りに回します。

そのあとはレバーハンドルの上げ下げで水の出し止めをすることができます。

トイレ

TOTO GGシリーズの場合

便器に向かって右横奥の手動レバーを引っ張ることで、停電時でも十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまのお家のトイレの水を流すことができます。

パナソニック アラウーノシリーズの場合

サイドカバーを外して、停電用ハンドルを時計回りに回せば流すことができます。

流した後はハンドルを反時計回りに回して、便器にバケツで水をためれば、その後も使えます。

最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまも、今一度、停電時に困らないように、水廻りの非常時の使い方を確認してみてください。