トップページ > キッチン収納の選び方

お役立ち記事

キッチン収納の選び方

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、キッチン収納の選び方について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、キッチン収納をどのようにされていますか?

キッチン周りが物で溢れていると、料理のしにくい環境になり、料理中に怪我をする原因にもなってしまいます。

収納場所をしっかりと活用して、快適なキッチン周りにしましょう!


キッチン収納のポイントとして、普段の動きに合わせた動線を意識した配置にしましょう。

片づけを行いつつ、料理を作るためにも収納に工夫が必要です。

では、それぞれのキッチン収納の特徴についてご紹介します。

・カウンター下収納

一般的なキッチン収納で、包丁の収納スペースがついていることが多いタイプです。

百円ショップで売っているつっぱり棒を使用するなどして、無駄のない収納をしましょう。

・キッチンカウンター

炊飯器やケトルなどを置く使い方が多いキッチンカウンターは、上の空いたスペースに物を置きがちになってしまいます。

習慣化してしまうと、常に物で溢れてしまいますので、使ったら必ず片付けることのできる物だけを置きましょう。

・レンジ台

名前の通り、レンジを置く台ですが、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの中に、トースターやコーヒーメーカーを置いている方も多いのではないでしょうか?

調理によく使うレンジは、スペースが空いている場合に、調理場の後ろに置くことで使い勝手が更に良くなります。

サランラップやレンジを拭く布巾などを置くことも使いやすさに繋がります。

・キッチンラック

パントリーの代用品として使われるキッチンラックは、インスタント製品を収納されている方が多くいます。

使い勝手が良く、何でも置けてしまうといっても、詰め込むように入れると奥に行ってしまい、賞味期限が切れてしまうということもありえます。

・キッチンワゴン

キッチンラック同様使い勝手が良いキッチンワゴンは、ラップやアルミホイル、キッチンシートなどの食品を補助する役割を持つ製品が収納されていることが多いです。

高さの調整が可能なタイプや可動式のタイプを購入することで、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの様々なシーンで活躍します。

・食器棚、カップボード

購入する際に、収納物を想定することで入りきらないことを避けられます。

食器やコップは中々減ることはなく、増えることが想定されるため、想定より余裕のあるサイズを購入することで、再度購入せずに済みます。


続いて、収納術をご紹介します。

・シンク下の収納

排水管の関係で、収納スペースの確保が難しいという十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方もいると思います。

その対応策として、縦に長い小さな棚を入れることで、排水管を避けて収納が可能です。

横に大きくスペースが取れないのであれば、縦に大きくスペースを取り、鍋やフライパンの収納をしましょう。

・調味料

塩コショウやチューブ型の調味料は、冷蔵しなければいけない物かしなくても良い物かを把握しましょう。

更に、普段使いしない調味料とよく使う調味料を分けておくことで、期限切れの確認を容易に行えます。

・ガス台下の収納

シンク下同様に、鍋やフライパンの収納として活用されているガス台下は、扉を開くタイプと手前に引くタイプで収納方法が変わってきます。

開くタイプであれば、収納棚を立てて収納をし、手前に引いて収納を出すタイプであれば、仕切りを付けてフライパンや鍋を差し込むように収納することで、

使い勝手がまるで違ってきます。


いかがでしたか?

収納棚によって、収納方法の工夫が変わってきます。

横にスペースを取れないのであれば、縦に広くスペースを取ったり、フックをかけて壁掛けにしたりと、様々な工夫が考えられます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの作業スペースをすっきりとさせて、安全に気持ちよくキッチン周りにしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。