トップページ > 扉の種類

お役立ち記事

扉の種類

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、扉の種類について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、どんな種類の扉をご存じでしょうか?

扉の特徴を知って、家づくりの役に立てましょう!


【開き戸】

開き戸はドアの中で、最も一般的なタイプです。

ある程度のスペースがないと、開閉できなくなってしまうので、考慮して設置しましょう。

そんな開き戸には、大きく分けて片開きと両開きの二つのタイプがあります。

・片開き

一枚の扉を開閉するタイプです。

最も一般的なタイプと言えるでしょう。

・両開き

大きな開口部を二枚の扉によって仕切るタイプです。

広く使用したいときに、両方の扉を開閉して使用します。


【引き戸・吊り戸】

扉を右または左に並行移動させて開閉するタイプになります。

前後に開閉しないため、開閉スペースの確保が難しい場所、窮屈になってしまう場所に適しています。

敷居ついたものを引き戸と呼び、上から吊るし床面にレールを必要としないものが吊り戸と呼ばれます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、洗面所などで見かけたことがあると思います。

引き戸・吊り戸には、片開きと引違、引分の三つのタイプがあります。

・片開き

一枚の扉を左右どちらか一方に開閉します。
・引違

二枚以上の扉を行き違いにさせることで開け閉めします。

・引分

二枚の扉を中央から左右にスライドさせます。

左右の壁に扉が収まるだけのスペースが必要となります。


【折れ戸】

折れ戸は、蝶番に繋がれた二枚一組の扉を畳むことで開け閉めするタイプです。

スペースはそれほどとらずに、開口いっぱいに開けられるのが特徴で、両折れ戸と中折れ戸があります。

・両折れ戸

折れ戸が二枚並び、中央から左右に畳むことで開閉します。

・中折れ戸

扉の一部が折れて、畳まれることで開け閉めします。

開閉に必要なスペースが少ないことが特徴です。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)で建築をした方の失敗談として、扉のスペースをしっかりと確保できていなかった。開閉方式を変えておけばよかったということもありますので、

開け閉めのための空間が十分に取れるかどうか、扉を設置する場所の左右にスペースがあるかどうか。

扉選びには、種類や材質を選ぶだけでなく、スペース確保も重要です。


いかがでしたか?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが、ストレスなく移動でき、余裕のある空間を創るためにも、扉選びも考えて選びましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。