トップページ > 木材の種類

お役立ち記事

木材の種類

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、木材の種類について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)で人気が高い木造住宅。

建てる前に、使用する木材について理解したうえで選ぶことをおすすめします。

ですが、木材には様々な種類があって、どれを選べばいいかわからないという、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方もいると思います。

木材の特徴を知って、こだわりのお家を建てましょう。


アカマツ

松脂(マツヤニ)が多く含まれるので、耐水性が高く、柱や梁などに多く用いられています。


ケヤキ

高級木材として知られているケヤキは、木肌が硬く耐久性に優れています。

大黒柱など構造体に多く用いられており、硬質で加工しづらく、狂いが生じやすい特徴があります。

加工する職人の高い技術が求められます。


スギ

木肌がやわらかいため、加工性に優れています。

そのやわらかさから、構造材よりも化粧材として用いられることが多くなっています。

比較的生育が早いため、良質なものを安価で入手しやすい魅力あります。


ヒノキ

加工がしやすく、丈夫で見た目も美しい人気の木材です。

水に強く、経年で起こる反りなどの狂いが出にくい特徴があります。

土台や柱などに多く用いられ、生育に時間を要するため、価格は高めです。

香りが良く、浴槽などにも用いられています。


ヒバ

水や湿気、菌やシロアリなどに強く、土台や柱などの構造体に多く用いられています。

比較的安価に設定されています。

主に、木造住宅で使用される、木材のご紹介でした。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方で、木造住宅にしようと考えている場合、覚えていて損はないはずです。


次に木材の無垢材と集成材についてご説明します。

木造住宅にしようと考えている十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方は、一度は耳にしたことがあると思います。


無垢材というのは、伐採した1本の木を乾燥させて建材として使用します。

天然の木なので、調湿性が高く、接着剤などを使用していません。

よって、アレルギーのリスクが低いなどといったメリットがあります。

その反面、乾燥による反りや割れなどが起こりやすく、価格が高めなことがデメリットと言えるでしょう。


もう一つの集成材とは、小さく切った木材を乾燥させて貼り合わせた建材になります。

品質が安定しやすく、大量生産できるので比較的安価な点が魅力です。

メリットは、汚れにくく掃除がしやすいことが挙げられます。

接着剤も安全性が確認されているものを使用するようになり安全性も高まっています。


いかがでしたか?

木の種類は、ご紹介した以外にも様々な種類があります。

特徴に合わせた使い方で、より良い住宅を造ることができますので、ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。