トップページ > Wi-Fiの設置位置

お役立ち記事

Wi-Fiの設置位置

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、Wi-Fiの設置位置について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)を建てた施主様で、ネット環境を構築する際に「Wi-Fiで接続したい」と言われることが多くあります。

有線と違って、無線であればコード類でごちゃごちゃすることもなくなります。

何より、家のどこでも使えて便利です。

ですが、Wi-Fiルーターの設置場所によってはつながりにくいこともあります。

十勝・帯広市の新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)でネット環境を構築するために、まず最初に決めることはLAN配線を「有線」にするか「無線」にするかです。

使い道によって変わってきますので、簡単に説明します。


接続状態によって、状況が変わってしまう場合は「有線」をオススメします。

例を挙げるとオンラインゲームです。

オンラインゲームのタイムラグを避けるためには、「無線」よりも「有線」です。


スマホで接続や動画を見る分には、無線で十分だといえます。

やはり、有線は安定するので、もし最初から有線が希望であれば、工事の段階で壁の中に希望の部屋まで宅内有線LANを通すことができます。

先ほど書いた、コード類がごちゃごちゃすることを事前に防げますね。

では、本題のWi-Fiルータの設置位置はどこが良いのか。

電波はルーターを中心に同心円状に広がるため、電波がより遠くまで飛ぶよう家の中心に近い場所に置くのが理想と言えます。

かといって、ど真ん中に置くわけにもいかないので、なるべく壁などの遮るものがない場所に置きましょう。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討されている方で、置き場所を工夫しても電波が届きにくい、遅いと感じる場合は、Wi-Fi中継機を使って解消できます。

効果としては、2階だと弱かった電波が、中継器によって電波を強化してくれます。

つながりにくい場所でも、カバーしてくれるので万が一、つながりにくい場所ができてしまったら中継器を使いましょう。


避けたい場所としては、キッチンや風呂場の近くは避けましょう。

水が電波を通しづらくしてしまうので、水廻りはオススメできません。

そして、ルーターを収納する棚も素材によっては電波の透過を妨げる場合があるので注意が必要です。

いかがでしたか?

今の時代、インターネットを使用することが当たり前です。

テレワークも推進され、よりネット環境を見直さなければいけなくなってきている状況で、

よりよい環境を構築出来たら、ストレスなくインターネットや仕事ができます。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、設置する場所を考えて、Wi-Fiを最大限に使いましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。