トップページ > エアコンの設置位置

お役立ち記事

エアコンの設置位置

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、エアコンの設置位置について書いていこうと思います。


エアコンが効くかどうかは、設置位置によって変わりますので、必ず考えなければならないのが室内機の設置位置です。

室内機の設置位置を誤ると、エアコンの運転効率は下がり、結果的に電気代が高くなってしまいます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまの中で「何処に取り付ければいいの?」と悩んでいる方もいるかもしれません。

なので、最も効率的に稼動できる場所をお伝えします。


それは、

  1. エアコン内部で空気の温度を下げる時の電力効率が良いところ。
  2. 風通しが良く、エアコンから送り出した冷風が滞りなく部屋の中に行き渡るところ。

この二つを満たすことができれば、最も効率的に稼働するといえるでしょう。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまに、より詳しく説明します。

  1. 室内機の周りに通気スペースがあること
    天井やカーテンレールから一定の距離を離しましょう。
    必要なスペースはエアコンの機種によって異なりますが、5cm程度が目安とされています。
    エアコンの仕組みは、部屋の空気を吸い込み、取り込んだ空気を室外機で冷やして、冷たい空気を部屋の中に再度送り込むことで、部屋の温度を下げるようになっています。
    なので、室内機の周りにスペースがなければ、室内機は十分な量の空気を取り込むことができなくなります。
    そうすると、エアコンは少量の空気しか部屋の中に送り込めなくなるため、部屋の温度を効率的に下げることができなくなります。
  2. 室内機と室外機が近い位置に設置されていること
    室外機と室内機の距離が離れていると、つなぐ配管の長さは長くなります。
    その結果、室外機で冷やした空気は、配管を通っている間に温まり、部屋に届く時には温度が上がった状態になってしまいます。
    室外機で冷やした風を効率的に部屋に届けるためには、室外機と室内機はできる限り近い位置に設置しましょう。
  3. 室内機は部屋の壁の短辺のほうに取り付けること
    エアコンの風で効率的に部屋の温度を下げるには、風が送られる面積を広くしなければなりません。
    そのためには、部屋の壁の短辺側のほうに室内機を設置することが効果的です。
    エアコンの風が当たる面積を増やすことで、より短時間で部屋の温度を下げることができます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、夏を涼しく過ごすためにどんな工夫をされていますか?

いかがでしたか?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している場合、寒さ対策に目が行ってしまいますが、暑さ対策も必要です。

エアコンの設置位置に注意して、快適な夏を過ごしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。