トップページ > コンセント位置

お役立ち記事

コンセント位置

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、コンセント位置について書いていこうと思います。

誰もが使う電気。

それは、コンセントを介して使用するものです。


例えば、今住んでいる家で困っていることはないでしょうか?

コンセントの位置が悪い。

必要なところにない。

そもそも足りない。

などのような困っている十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまがいらっしゃるかもしれません。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をした方でも、スイッチやコンセントの位置が使いにくいと感じる方もいますので、事前に配線を考えていくためにも、配線を考えるコツを紹介できればと思います。

まずは失敗例について

玄関の出入り口からスイッチが遠くて、足元が見えないままスイッチまでいかなくてはならない。

・キッチンにコンセントが少なく、調理器具を複数使いたいときに、その都度外して使わなければならない。

・ダイニングでホットプレートを使いたいときに、コンセントが遠いので延長ケーブルで何とかつないで使用しているため、足元にコードがあって危ない。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をされた方でも、上記のような失敗をされている方もいるようです。


では、配線のコツをご紹介します。

・生活動線を考えて、コンセント、スイッチ位置を考える。

・調理器具が今後増えることも考えた上で、キッチン後ろにコンセントを増やす。

・扉の裏に配置すると、扉を開けたままだと使えなくなるので、配置をずらす

ほかにも、失敗例を反対に考えると、失敗せずに済みます。

いかがでしたか?


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆様は、思っている以上にコンセントの位置や数を増やしたほうが良いと思います。

後悔したいためにも、お家の失敗例をたくさん閲覧することをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました。