トップページ > テレビの大きさの目安

お役立ち記事

テレビの大きさの目安

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、テレビの大きさの目安について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、テレビ画面の適正なサイズはご存じですか?

部屋の広さによって、テレビの大きさ目安は変わってきます。

6畳であれば、24〜32V型。

8〜10畳であれば、32〜40V型。

10〜12畳であれば、40〜49V型。

12畳〜であれば、50V型〜。

ちなみに〇〇V型のV型とは、画面の液晶部分の大きさを表す、Visual Size(ヴィジュアルサイズ)のことです。


では、次に十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまに、テレビ画面の適正な距離をお伝えします。

テレビは大きければ大きい程、遠くても見やすいのですが、近すぎると見辛くなります。

なので、大きければよいということではなく、大きさに応じた適切な視聴距離があります。


一般的にフルHD液晶画面のテレビなら、画面の高さの3倍の距離が適切だといわれています。

例を挙げると、32V型テレビの高さは39cmなので、その3倍なら117cmが適切な距離になります。

壁掛けにする家庭も増えてきていますので、テレビ台に置くか壁掛けにするかでも変わってきますので、調整しましょう。


壁掛けにする家庭も増えてきているということで、どの高さが良いかを十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまにお伝えします。

ソファに座って見ますか?ダイニングで少し背の高い椅子に座って見ますか?

テレビが目線よりも高くなると首が疲れますし、画面に天井の照明が反射して見づらくなることもあります。

目線よりも少し低くなるくらいの高さが首は疲れにくくなり、見やすいといえます。


テレビ台に置いて見る方で、ソファーに座って視聴する方は40cm~60cm程の高さのテレビ台に置きましょう。

ソファでテレビを見る場合でも、座って見るより寝転んで見ることの方が多いという人は、やや低めのテレビ台の方が見やすくなります。

いかがでしたか?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、視聴距離や高さを気にされて設置していましたか?

テレビが好きな方は、肩こりや首こりにならないように、適切な距離と高さ、大きさを考えて配置しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。