トップページ > 洗面台

お役立ち記事

洗面台

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、洗面台について書いていこうと思います。

洗面台と言えば、手洗いうがい、洗顔のほかにも歯磨きや整髪などで使用します。

そして、洗面台には様々なタイプがありますので、用途に合わせた洗面台を選ぶことで、日々の暮らしを快適にすることができます。


洗面台の種類

・洗面化粧台

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまがご存じだと思います。

鏡、照明等が一体になっている洗面化粧台は、全ての人に使いやすく、清掃のしやすさや日本人の生活スタイルに合わせた機能性を重視しているため、最も使いやすいと言えます。

デザインよりも機能性を重視していることから、こだわりを持つ方からしたら、少し物足りないと感じてしまうかもしれません。


・カウンター洗面台

システムキッチンのような感覚でボウル、カウンター、収納、水栓金具を選び、組み合わせるタイプの洗面台です。

機能性や清掃性を保ちつつ、洗面化粧台よりもデザイン性が高いことが特徴です。

よくホテルなどで見かけることが多いのではないでしょうか?

洗面化粧台よりもグレードが高いことが多く、高級感があります


・洗面ボウル

幅広いデザインと材質、価格帯から選ぶことができます。

主に造作の洗面台に使用されることが多く、オリジナルのデザインを求める方や間取りに合わせた洗面台が必要な方に人気です。

代表的な形状は、埋め込み型(カウンターに埋め込むタイプ)、半埋め込み型(ボウルの半分をカウンターに埋め込むタイプ)、置き型(カウンターの上に置くように設置するタイプ)、壁付け型(壁面に直接取り付けるタイプ)です。

清掃性や機能性は組み合わせや取り付け位置によって異なるため、何を重視したいのかよく考えながら選ぶ必要があります。


ボウルの種類

洗面台のボウル部分の材質もデザインや機能性を考えるうえで大事なポイントになります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまでしたら、ボウルの材質をどれにしますか?


・陶器製

質感は、なめらかで高級感のある材質です。

強い衝撃を与えてしまうと割れてしまいますので、使用方法には注意が必要となります。


・ホーロー製

鋳物にガラス質を焼き付けたものをホーローといいます。

高い耐久性、耐火性、耐酸性、耐アルカリ性を持ち、磁石もくっつくことが特徴です。

表面がガラス質なので、かけてしまう恐れがあります。


・樹脂製

カウンターと一体成型することも出来ますので、継ぎ目が無く、掃除がしやすく衛生的な洗面台を作ることができます。

樹脂製なので、キズがつきやすく、お手入れ方法には注意する必要があります。

光沢感が陶器やホーローと比べると弱いですが、高いグレードのものでは、高級感のあるボウルもあります。


洗面台といっても、材質やタイプの組み合わせによってオリジナルのものが作れます。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆様はどのような形、材質がお好みですか?


いかがでしたか?


朝早くから使う洗面台だからこそ、お気に入りで機能性のあるものにしたいですよね。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討するときには、ぜひこだわり抜いてお家づくりをしましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。