トップページ > 防音室

お役立ち記事

防音室

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、防音室について書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を考えたときに、防音室を作りたいと考えている方はいるでしょうか?

自宅で楽器の練習をしたい人や、音楽教室を開きたい人は、「防音室」が必要になりますよね。

とはいっても「新築・注文住宅で防音室は作れるの?」「音楽教室を開くときには、どこかで借りてやらなきゃいけないの?」と疑問に思う方が多いと思います。

結論からいうと、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している方でも作ることが可能です!

作れることが分かったうえで、防音室はどんな使い方ができるかご紹介します。

例を挙げると、まずはリビングを防音室にすることで、話し声やテレビの音が外に漏れるのを防ぎます。

ピアノやギターが演奏できる演奏部屋はもちろん、その他にも、プロジェクターなどを使って大音量で迫力のある映画を楽しむ時でも防音室は有効です!

気になる音漏れや音響へのこだわりも、防音室があれば音漏れの他にも、雑音のないクリアな音質で楽しむことができます。

自分だけの最高の部屋を作りたい方は、防音室を検討してみてもいいかもしれません。

使い道が分かったところで、防音室を作るときに大事な3つの要素をお伝えします。

1.遮音

空気を伝わってくる音を遮断することで、防音のなかの1つになります。

人の話声・楽器の音色・歌声・テレビの音などの音が外へ漏れるのを防ぐので、騒音トラブルも防止できます。

しかし遮音性が高すぎると音の反響が大きくなってしまうので、実際の音と耳で聞く音が違ったり、聞こえにくくなったりすることもありますので、遮音だけにこだわるのではなく、吸音・音響を調整することで、よりよい防音室を作ることができます。


2.吸音

音を吸収して防音することで、室内の音を吸収して外に漏れることを防いだり、音の反響を抑えたりしてくれます。

遮音と吸音を組み合わせることで、遮音だけでは反響して音が聞こえにくくなる点を改善し、より音が鮮明に聞こえるようになるのがメリットになります。

しかし、吸音性が高くなりすぎると詰まったような音になり、楽器や歌の練習がしにくくなることが考えられます。

なので、防音室を作るときは遮音性と吸音性をうまく調整し、ちょうどいい反響と音漏れの軽減を実現させることが望ましいです。


3.音響

遮音と吸音を組み合わせることで調整できるのが音響です。

音響は楽器の演奏やオーディオルームにはかかせないもので、同じ音でもまったく違う音に聞こえます。

よりクリアな音が聞きたい人や、楽器・歌の練習を向上させたい人は、遮音性・吸音性を調整して、音響を改善しましょう。


いかがでしたか?


音楽を楽しむ上で防音は、自分にも他者にも良いことです。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、防音室を作ろうと思いましたか?


最後までお読みいただきありがとうございました。