トップページ > ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

お役立ち記事

ウォークインクローゼットのメリット・デメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、ウォークインクローゼットのメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、収納をどのように考えていますか?

収納と言っても様々な種類がある中で、特に人気なのがウォークインクローゼットです。

早速、メリットからご説明いたします!


1.収納力が高い

まず挙げられるメリットしては、収納力の高さになります。

一般のクローゼットと比較して考えたときに、奥行きが超えてしまうものは、横向きに収納しなければいけないので、出すのも入れるのも面倒になってしまいます。

ウォークインクローゼットであれば、旅行で使うキャリーバッグや奥行きのあるものでも、高い収納力を誇るウォークインクローゼットは収納することができます。

どれくらいの大きさにするかは、間取りを作る時点でしっかりと考えましょう!


2.衣類をまとめてしまえる

衣類だけではなく、バッグや帽子、アクセサリーといったファッションアイテムをすべて一ヶ所で収納できます。

出かける際には、探し物をしやすいため余計な手間がかかりません。

大きさによっては、季節ごとに場所を分けることで衣替えの必要もなくなります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、ウォークインクローゼットに憧れはありますか?


ウォークインクローゼットのデメリットは、

1.収納スペースが減る

ウォークインというだけあって、通路があります。

通路の分収納が減ってしまいますので、こちらはデメリットになってしまいます。


2.収納の仕方に気を使う

メリットでもある、何でも収納できることがデメリットになってしまうことも考えられます。

足の踏み場もなくなる程、適当に詰め込んでいくと、もので溢れて使いにくくなってしまいます。

ある程度、定位置を決めて、その場所がいっぱいになってきたら、不要なモノは処分して整理するようにすることが良いでしょう。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまがデメリットを回避する方法としては、

収納物の種類を限定すると、もので溢れることは少なくなります。

いかがでしたでしょうか?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが選ぶ収納候補の中にウォークインクローゼットは入っていましたか?


ホーム創建では、客人が入室しない寝室などはウォークインクローゼットにしていたり、子ども部屋では扉を開けっぱなしにしてしまうくらいなら、最初から扉のないウォークインクローゼットにしていたりします。

見学会では、実物をみて奥行きなども確認できますので。ぜひ見学会でご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。