トップページ > リビング階段

お役立ち記事

リビング階段

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、リビング階段のメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

帯広市で新築を建てる際の間取りにも関係してくるのが階段です。

そこで、今回のテーマはリビング階段です。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまで家族のコミュニケーションがうまれるリビング階段は、間取りの要望として多いポイントです。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまはリビング階段を採用した時のメリットとデメリットをご存知ですか?

メリット・デメリットを把握し、十勝・帯広市で自分たちの新築注文住宅で考えたい優先順位がどこなのか考えてみてください。

リビング階段のメリット

  • 子ども部屋に上がる際に、リビングを通ること。
    お子さまがいる家庭では特に、子どもがいつ帰ってきているかわからない、友だちがきていたりしているのかわからないなどのことが、不安なこととして挙げられます。リビング階段であれば、家事や作業をしているときに2階に子ども部屋があれば、行くために必ず通ることになるので、その不安は解消できます。
  • 部屋を広く使える
    リビング階段を採用しない新築の場合、廊下スペースを作り階段を作ることになります。
    廊下に階段スペースを取らずにリビングに階段を作りますので、部屋のスペースを確保する事が可能になります。
    つまり、部屋を広々と快適に使う事ができます。
    ほかにも、階段下のスペースを収納にすることができたり、ちょっとした作業スペースにすることも可能になります。


リビング階段のデメリット

  • 1階の室内が暖まりにくい。
    玄関の間に扉を挟まないでリビングがあると、暖まりにくく、さらにリビングに階段があると、暖かい空気が2階にいってしまうため少し暖まりにくくなってしまいます。
    十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、寒気に敏感だと思いますので、後ほど解消方法をご紹介させていただきます。
  • 臭いや音が2階に伝わる。
    リビングは家族が1番長い時間を過ごし、家族のだんらんが生まれる場所です。
    2階との間に遮断するものが無いため、音やキッチンからのにおいなどが2階に伝わってしまいます。


デメリットを解消するために

階段に建具やロールカーテン等を設置し、音や臭いが2階に上がらないようにすることで、デメリットを解消することができます。

キッチンと階段を離して、臭いをなるべくいかないようにすることも方法の一つです。

いかがでしたか?

リビング階段にはメリット・デメリットがありますが、工夫次第で自分たちにぴったりの間取りとなります。

スペースを有効活用でき、不安を解消することができ、メリットだけを感じることができるのなら検討してみてはいかがでしょうか?

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまが抱えている悩みをぜひホーム創建でご相談ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。