トップページ > IHのメリット・デメリット

お役立ち記事

IHのメリット・デメリット

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、IHのメリット・デメリットについて書いていこうと思います。

IHとは、induction heatingの頭文字をとったもので、日本語に訳すと【電磁誘導加熱】といいます。

ガスコンロが直火で加熱するのに対して、IHは内部の金属(磁力線)に電流を流して調理器具自体を発熱させる加熱方式です。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまはどちらを使用していますか?

IHを便利だという人もいれば、ガスコンロじゃないと美味くならないという方もいますが、メリットとデメリットを書き出して、どちらを使ったほうが自分に合っているかなという参考になればうれしいです。


IHのメリット

  • 火を使わないので安全
    ガスコンロと違い、火を使わずに電気で加熱を行うので、比較的安全といえます。
  • 掃除がしやすい
    IHは表面がつるっとしているので、お手入れがとても楽です。
    狭い場所や細かい部分がないので、布巾などを使用して簡単に掃除をすることができます。
  • ガスより火力が強く加熱が早い
    ガスコンロだと、火が目で見てわかるので、火力が強いように思えますが、実はIHのほうが火力が強いです。
    そして、加熱も早く、煮込み料理などはIHのほうが上手く作れるといわれています。
  • ガス漏れの心配がない
    当たり前ですが、電気なのでガスは発生しません。ガス漏れでガス中毒の心配も無用です。

IHのデメリット

  • 停電時に使用できない
    電気を使用しているので、停電時には使うことができません。
    太陽光発電などを組み合わせると停電時に使用することができるので、おすすめです。
  • 導入費用が高い
    ガスと比べてしまうと割高になってしまいます。
  • 対応しているフライパンなどが少ない
    IH対応と書いているものしか使うことができません。
    対応していなくても使えることがありますが、故障の原因になるのでやめましょう。
  • フライパンを振れない
    IHから離してしまうと、自動的に加熱が止まってしまうので、フライパンが振れません。

このようにガスと違う部分があります。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、何を基準に選びますか?

いかがでしたか?


チャーハンを作るときはフライパンを振らないとだめだからガスがいいと思ったり、

対応しているフライパンがないから、ガスのほうがいいと思うこともあるでしょう。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さまは、

安全をとるか料理のしやすさをとるか、など様々な意見があると思いますが、

どちらにせよ、使っていくとデメリットが気にならなくなってくると思います。


ショールームや見学会で実際にみて、使いやすそうだと思ったほうを建築の際にはお選びください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討していましたら、

ぜひ下記のバナーから見学会最新情報をご覧になってください!