トップページ > 帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.16【新築を建ててからの費用】

お役立ち記事

帯広市、十勝新築注文住宅コラムvol.16【新築を建ててからの費用】

目次


1.住宅ローン

2.固定資産税

3.リフォーム費用

4.最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築を検討している皆さま、こんにちは。

今回は、新築を建ててからの費用について書いていこうと思います。

住宅ローン

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をした場合、

ほとんどの方が住宅ローンを利用しての新築になります。


そのため、十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建設が終わってから、

ローンの返済が始まります。


固定資産税

土地や建物などの固定資産を所有していると、その固定資産が所在する「市町村」に税金を納めなければなりません。

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をした場合も同様に納めることになります。

これを「固定資産税」と言います。


固定資産税は、住宅を所有している間、毎年課税されることとなり、

分割で支払い。または、1年分一括で支払うことも可能です。

リフォーム費用

住宅は建てたら終わりではありません。

10年から15年後には屋根塗装。

20年から25年の間に設備機器の買い替え時期がやってきます。


リフォームが必要になった際に、現金で払うか、またはローンを組むのか。

重荷にならないように、その時期が訪れたときに、支払い可能な計画を立てなければいけません。


最後に

十勝・帯広市で新築住宅・注文住宅(特に高気密、高断熱)の建築をホーム創建に任せていただけたら、

資金計画からスタートいたしますので、無理のない返済計画も含め、何十年と経った際に後悔することにはなりません。


不明な点やご相談したいことがありましたら、是非ホーム創建へお越しください。

最新の見学会は下の画像をクリックしていただくと、見ることができます。


最後までお読みいただき、ありがとうございました!