トップページ > お役立ち記事 > コーディネートのコツ 北欧風編

お役立ち記事

コーディネートのコツ 北欧風編

北欧風インテリアとは?

素朴な木の素材感を生かしつつも、マリメッコやフィンレイソンなどの大胆な柄やカラーを添えてカラフルに仕上げたインテリアを指します。控え目ながら存在感があり、日本の住まいにもよく合う人気の高いインテリアです。


目次

1.床の色

2.扉の色

3.壁紙

4.カーテン

5.最後に

床の色

明るい木の色、または白っぽい床が基本です。樹種で言うとパイン、オークがおすすめ。節がはっきりと見えるものが良く合います。木の質感の強い、ツヤのないものを選びましょう。

扉の色

明るい木の色が基本です。木目のはっきりしたものがおすすめです。アンティークな雰囲気に仕上げたければ黒い取っ手を、すっきりとした雰囲気に仕上げたければシルバーの取っ手を選びましょう。

壁紙

かわいらしく明るい雰囲気にしたい場合はベージュ系の織物調のもの、大人っぽくて落ち着いた雰囲気にしたければグレー系の石目調のものが良く合います。アクセントとして入れたい家具や小物の雰囲気に合わせて選びましょう。壁や天井に羽目板を貼るのもおすすめです。

カーテン

ざっくりとした布目の生地のものが基本です。大きな柄が入ったものが特におすすめ。カーテンレールも床や扉の色に近い素朴な木目柄のものがよく合います。他にも、木の質感を生かしたバンブーブラインドやウッドブラインドもおすすめです。

最後に

木のぬくもりとカラフルな色遣いが可愛らしい、北欧風なインテリアコーディネートをしてみてはいかがでしょうか?